FC2ブログ

犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

  • 歓びと悲しさと既定路線と

こんばんは

契約更新選手のお知らせ

どこかしらから、声は掛かるだろうと思っていましたし、個人的には、山田選手が抜ける湘南さんなどは、サイズとしても、タイプとしても白羽の矢を立ててくるのではないかと考えていました。

それが無かったという事は、いわゆる「契約での縛り」が出来ていると思っていましたし、その縛りを引き裂けるクラブからのオファーが報じられた際には、移籍は已むを得ないと感じていました。…それが、例えあの名古屋さんであろうとも。

それだけに、更新通知は喜ばしかったですし、2017シーズンで得た自信と責任の大きさを感じさせてくれました。

運動量にもその質にも不満はありませんが、課題はやはり、ゴール前での仕事、という事になるのでしょうか?

リーチの問題によるところも大きいのかもしれませんが、ラストパスの精度やシュートへの迷いなど、決定的な仕事という面でからすると、満足という評価までには至っていない様に感じます。

逆に言えば、その部分を改善できれば、個人としてもチームとしても、上のステージを臨み得るという事なのかもしれません。

決断の正しさをぜひ示して欲しいと願います。頼むぞ、也真人!

矢田旭選手の完全移籍加入について

2017シーズン途中の期限付きを経て、完全移籍加入。

也真人選手の残留と共に、名古屋方面からのうれしいニュースが続いたことになります。

同時期に期限付き加入した為田選手が本来のキレを取り戻すのに一定の時間が必要であった姿とは対照的に、加入直後から居ると居ないで大違いという存在感を示しました。

それだけに、監督の眼鏡に適わない部分が大きかったのだろう、という推測は成り立ちますが、そのキャリアからも、よく出せたものだ、というレベルの選手ですから、クラブと監督と選手というのは、本当に、win-winの関係を成立させることが難しいのだなぁ、と、改めて感じさせられます。

新加入選手だけでなく、JEFに関わる大方の方々の目標は「旭君と一緒」のはず。

ファーストネームの旭は、千葉にとってもJEFにとっても特別な意味がある固有名詞だけに、期待したいと思います。

契約更新選手のお知らせ

シーズンを通じ、最も流動的であった右サイドというポジションという事を差し引いても、ファーストチョイス足り得なかったという自覚は強いでしょう。結果としてその出場試合は1/3に満たず。

その数字に、満足をするはずもなく、短いコメントからは滾る想いが溢れています。

出場機会だけでなく、決定的な仕事ももっと増やして欲しいと願う管理人です。

キム ボムヨン選手 水原FC(韓国)へ完全移籍決定のお知らせ(清水さん公式)
キム ボムヨン選手の期限付き移籍満了について

シーズン開幕直後、バタバタとした期限付き加入ながら、試合後の盛り上げでは堂々たる主役。

他方で試合中はボールロストや対応の悪さも目立ちましたし、熱い気持ちが空回りすることも多かったボムヨン選手。

それでも毎試合、果敢にチャレンジする姿が、シーズンを象徴する一人ではありました。

「国の事情」という言葉通り、意志だけでは如何ともしがたい理由でのお別れに、普段見せてくれていたキャラクターは無く、真摯な感謝と、寂しさを観て取れます。

ありがとう、ボムヨン。向こうでも頑張って!

小池純輝選手の移籍について
小池 純輝 選手 完全移籍にて加入のお知らせ(愛媛さん公式)

結局、JEFでの出場は二桁に満たず、愛媛さんでは3/4の出場ですから、一選手としては、その判断は当然でしょう。

コメントにもある通り、JEFではピッチ上よりも、WEBでの存在感の方が勝ってしまったエーコ。

それでも、娘さんの名に、それぞれの所属チームの県花を採るなど、強い想いを感じます。

怪我の無いように、頑張れ!

イ ジュヨン選手の移籍について
イ ジュヨン選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ(讃岐さん公式)

期限付きの挨拶からして、すでにお別れ感が強かったので、驚きや悲しみは特にありません。

身体能力を活かしたプレーというよりは、無難なクリアを捨てて、無謀なチャレンジをすることが多かった印象でしたし、ポジションに求められる役割と、プレイそのものの選択の乖離が大きかった印象です。

加入の経緯も、ヒョヌン選手の穴埋めという意味合いが強かったと感じましたが、日を経るごとに安定感や存在感を増していった前任者とは異なり、危険なゾーンでのリスキーな選択という悪癖は最後まで抜けなかった様に見受けられました。

改めて確認すると、讃岐さんで残した数字も、自他共に期待値を超えたとは言えないでしょうし、先方ではお別れの挨拶も未だに無く。

公式発表よりも先に、韓国復帰の喜びが表に出ていましたから、助っ人として働くこと自体が、あまり得策ではなかったのでしょうか?

出来る事を素直に伸ばすのか、出来ない部分をそれでも埋めるのか。

その辺りが、今後、ニュース等で彼の名を目にした時、気になるのではないかと考えています。

さようなら、ジュヨン。お元気で。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する