FC2ブログ

犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

  • ベテラン、中堅、若手、助っ人

おはようございます

契約更新選手のお知らせ

ライバルも多い中、起用法がなかなか定まらないながらも、チーム事情からのシステム変更以降はヴェテランとしての存在感を示した勇人選手。

一方で、二枚の警告で2回の退場と、戦術や状況に引き摺られる選択も多かったですね。

コメントからはチャレンジへの意欲を感じますし、チームを引っ張るというよりは、いい意味でメンバーの一員としての意識が強くなったのでしょうか?

その方が、「らしさ」は活きる様な気もしますし、精一杯、2018シーズンを走り切ってほしいと思います。

熊谷アンドリュー選手 ジェフユナイテッド市原・千葉へ完全移籍のお知らせ(横浜FMさん公式)
熊谷アンドリュー選手の完全移籍加入について

期限付きながら、そのポテンシャルを信じた監督に使われ続けることで、新たな可能性を見出したアンドリュー選手。

シーズン序盤の厳しい評価、終盤前での不祥事と自粛など、公私ともに逆風も大きかったと思いますが、その後の逞しさには、目を見張ることもありました。

特に、アウェイ名古屋戦での輝きは素晴らしかったですね。

完全移籍加入という事で、初めて、横浜FMから籍を移すことになる訳ですが、プレイだけでなく、メンタル面での成長も期待します。

契約更新選手のお知らせ

乾選手よりも序列が上に感じられた岡野選手でしたが、コミュニケーション不足からの失点を喫すると、その後は暫く名前を意識させてくれず。

皮肉にも、久しぶりの出場機会は、乾選手の負傷に伴う代役としてでした。

チームを去るベテラン守備陣と比すれば、若干出場時間こそ長いものの、出場試合数そのものが多い訳ではありませんから、期待に応えられなかったのか、名を連ねるまでの準備が足りなかったのか、いずれにしても、数字からは監督の信頼を得る、というには至らなかったと判断すべきでしょう。

また、出場試合数、プレイ時間共にルーキーの壱晟選手の半分に満たない事を考えると、高卒とはいえ、やはり勝負の3年目、と捉えてよいのではないでしょうか?

今シーズンも、強力なライバルが加入していますから、強みを伸ばすにせよ、弱みを克服するにせよ、兎に角、場数を増やしてくれる事を期待します。

パウリーニョ選手の移籍について

この二年の処遇からして、予め織り込み済みではありましたから、移籍に関しては殊更寂しさを感じる訳ではありません。

むしろ、クラブ運営に翻弄された、という点に於いては、申し訳なさを感じます。

剛柔の違いはあれど、刈り取る、摘む、という点ではポジションの被るアランダ先生同様、強烈な存在感を示しましたが、自らのエリアをを「空ける・擲つ」という点での評価の判断が難しい選手でもありました。

そのアランダ先生が出場機会を伸ばせなかった事を鑑みれば、構想から外れた理由も解らない訳ではありませんし、それ以外でお茶を濁すような起用が叶ったとも思いません。

軛を強くして役割を限定すれば、その良さも半減してしまいますので、戦術の欠陥を個で埋める、という考え方の限界、とでも表現すれば良いのか、諸刃の剣の使い方、という事になってしまうのでしょうか。


スライディングでスタンドを煽る、というような選手は中々いませんから、相手にすると厄介ではありますし、そのプレイスタイルからして、「お手柔らかに」と言うことも出来ません。


コンタクトを厭わず、勇猛果敢に競りに行く姿勢が、言い訳のためのプレイも多かった当時のJEFにとっては、管理人に期待を抱かせてくれた選手の一人でした。

Boa baía PAULINHO.

怪我には気を付けて。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する