犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

  • 終戦[J1昇格プレーオフ 準決勝@パロ瑞穂]

こんばんは

私は先ほど、無事に帰宅しました。皆さんも恙なく帰宅されたでしょうか?


前半終了間際に先制弾を奪い、後半へ突入したJEF。

結局は後半頭の時間帯で、追加点を奪えなかった事が、分水嶺となってしまったように感じます。

それが、ジャッジのミスにせよ、セルフジャッジにせよ、判定が覆らない事は、明らかでした。


逆に言えば、それでも抗議を続けたという背景には、それだけ余裕のない、ギリギリの状況ではあった訳で、残り時間を考えても、まだまだ挽回は可能であるはずでした。

これが、1-1の敗退であったのであれば、また話は変わってきますが、2失点目で完全に自滅。

最終節で見せた姿勢を保てませんでした。


JEFの2017シーズンの最終戦は2-4というスコアで幕を閉じました。


ジャッジについては、初のJ1昇格プレーオフとなったニッパツでの横浜FC戦で、当の村上主審に藤田選手のハンドが認められずに先制点に至ったり、今シーズンも、ペナルティエリア外のファウルでPKを与えられたり(その勝ち点がなければ、そもそも今日の舞台がありえなかった)と、受け入れ難い判定は毎週、必ずどこかで生まれているのだと思います。

それが、話題の俎上に乗るか否かは、得点に絡むか、舞台の注目度によるのではないでしょうか?


その意味では、JEFも成長はしたけれど、まだまだ相手よりも「勁さ」が足りなかった部分があったことは認めなければならないと思います。

終了後、「悲しい」、「悔しい」というより、「ああ、このメンバーの戦いが終わってしまったか」という、寂しさを感じた管理人です。

「負ければ終わり」という状況下、狂おしい程の情熱に包まれた2か月間も遂に終幕。


それは目論見よりも、1週早くなってしまいましたし、結果は期待通りになりませんでした。

しかしながら、ここまで私を楽しませてくれた選手、スタッフ、監督には感謝しかありません。

また、強行軍に何の力にもなれないにも拘らず、2度の名古屋遠征への参加にお声がけ下さったサポ友に、この場を借りて、改めて御礼申し上げます。


そして、2017シーズン、スタンドに足を運ばれた皆さん、お疲れ様でした。

来シーズンも、スタンドのどこかでお会いしましょう。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する