犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

  • 来た、観た、勝った[J2第41節:名古屋戦@豊田ス]

こんばんは

掲題の通り、管理人も現地参戦した訳ですが、ことのほか疲労は大きかったらしく、今晩に至ってしまいました。


さて、現地に赴いての雰囲気ですが、大一番と言う割に、いつも通りというか、むしろ、先日の松本戦などよりも張りつめている感も無く。

この辺り、名古屋サポさんたちも豊田スタジアムに慣れていないからなのか、連れだっての参戦された方が多かったからか、解りかねました。

更に、我々にしてみれば、相手がどこであれ、「勝たねばならない」という状況が却って雑念を捨てられた側面があるのかもしれません。


一方、試合はというと、硬いというか、緊張感張りつめる奪い合いで始まります。

コンタクトそのものに対するジャッジ基準の影響もあってか、動くボールの主導権はともかく、時間の経過とともに、試合はJEFがペースを握りました。

ピンチを一転してチャンスにした優也選手のフィードから生まれた也真人選手のループシュートや、度々の船山選手のシュートなど、好機は演出すれど、前半は0-0。


それ故、管理人は後半の名古屋さんの逆襲が怖かったですし、後半頭から投入されたシモビッチ選手の勁さに抗えるのか、という点は非常に気になりました。


しかし、後半は更にJEFのペース。

船山選手が出せ!というエリアにボールを送った熊谷選手。(前半、この形で実らなかった熊谷選手のパス出しがありましたね。試合中の修正力は見事でした)

船山選手の折り返しを受けるラリベイ選手は、「当てれば入る」という選択をしていたように見受けられました。


そして、この先制点が、「単なるカウンター」でなかったからこそ、その後の追加点を生んだのかもしれません。

お株を奪われたような失点を喫した名古屋さんは、前に対する意識が強まり、也真人選手の鬼チェイスから技ありの為田選手の追加点を生み、更には裏へのボールを受けた為田選手も外連味なく中央に送ったボールをワントラップで難なくラリベイ選手がネットを揺らしました。


しかし、この試合の驚きは、3得点ではなく、無失点であったこと。


圧巻は、自陣深くの名古屋さんの対応を続けることで、GKまでボールを下げさせたシーン。


管理人はこの時、「勝つだけではダメだ。何としてでも無失点で終えなければ」と手綱を引き締める想いでした。

対面のマーカーに剥がされること前提で一人二人と名古屋さんのボールホルダーに寄るJEFの選手。

この戦い方が何時まで保つのか、という不安は杞憂でした。


試合後、「今日は求められた仕事を果たした。次は?」そういう姿勢を感じたのは管理人だけでしょうか?


スタンドに集った皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する