犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • ミスも流れも為田から[J2第39節:大分戦@大銀ド]

こんばんは

開始早々、近藤選手と溝渕選手が交錯し、後藤選手が放ったループはクロスバー。

結果的には、このシーンが大きく試合の流れを左右したのかも知れません。


「堅い」という形容が試合内容ではなく、個々の選手に見え隠れした試合の入りから、徐々にJEFがシュートシーンを増やしますが、その「硬さ」が抜けなかったのは清武選手だったでしょうか?

大銀での姿は「意気込み」というよりは「気負い」と表現した方が良い様に感じましたから、後半頭からの為田選手との交代は驚きこそすれ、不思議とは思えませんでした。

そして、試合はその為田選手が動かします。

この試合だけではなく、パス回しには最後尾から積極的にショートパスで参加、松本戦ではハイボールには突っ込みすぎかと思われるような姿勢で挑んでいる上福元選手ですから、1-2回はどこかでミスがあるのでは無いかと思っていましたが、為田選手が中央に送ったライナー性のボールに対してキャッチミス。

これを御誂え向きと言わんばかりに待ち構えていたラリベイ選手が難なくゴールに流し込んで、JEFが先制。

失点を受け、大分さんの圧力も高まりますが、似たような位置からの仕掛けで再び為田選手が中央に送ったボールに、今度は船山選手が躰を投げ出しながら、一瞬先に触れて、見事な追加点。

2点差として、余裕をもって試合を進められた筈でした。この後、也真人選手のシュートが枠を捉えられたら、もう少し楽に試合を終えられたように感じます。


しかし、この試合に掛ける想い、重要性は大分さんも変わらず。


為田選手がピッチに足を取られる一瞬の隙から左サイドを扼されると、後藤選手の弾丸シュートが優也選手のニアを抜いて1点差。


この後は、相手の猛攻にひたすら耐え、弾き返すだけの展開となってしました。

それでも、全員で何とか凌ぎ切って、タイムアップ。

福岡・大分とアウェイでの連勝を含む4連勝を果たしました。

大分さんとの対戦成績、更には大銀無敗という相性の良さは無論、私も存じ上げていました。

しかし、伊佐選手の闘志溢れるプレイはじめ、後藤選手のパンチ力、この試合の終盤に見せ付けられた怖さもまた、織り込んでいましたので、管理人には全く楽観視出来ませんでした。

勝敗を分けたポイントが、ミスなのか、或いは流れからしっかりと得点出来たの点かは判断しかねるところですが、全てのゴールシーンに絡んだ為田選手の日だったという事でしょうか?


台風の接近を受けながら、現地に集われた皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する