犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 嵐の前[J2第39節:大分戦@大銀ド]

こんばんは

大分にとって、“天敵”との対峙はこれまでの真価を問う“試金石”(J公式)
プレビュー

二週続けて台風が接近する週末の中のアウェイ2連戦は大分さん。

前回、ああいう終え方をしましたので、流石に今回は若干早めに触れます。

ホームでの対戦の時にも感じましたが、不思議なもので、今シーズンの大分さんとは、我々と近い時期に同じ対戦相手を組まれることが非常に多いですね。

今回で言えば、福岡さん、松本さんとの対戦がそれに当たると思います。

大分さんは我々が松本さんに大勝している中で福岡さんに引き分け、福岡さん相手に九死に一生を拾った勝利の前にはしっかりと松本さん相手に勝ちを決めていました。

数字だけ見れば我々の優勢勝ちと捉える事も出来ますが、戦績や得点数だけで「組し易し」と捉えるのは、些か早計でしょう。


昨シーズン、終盤の怒涛の追い上げで首位を奪取。

そのままJ2復帰を決めましたが、それまで独走していた栃木さんからすれば、勝利を収めとはいえ、大分さんの開幕戦の戦い方からの成長は、明らかに脅威だったと思います。


そして今シーズン当初、大分さんが掲げた目標は、勝ち点45、J2残留。

それを上方修正しての、今。彼等は我々よりも上位に位置しています。


後藤選手、伊佐選手、三平選手が陣取るアタッカー陣に加え、小手川選手、松本選手が走り回り、ピンポイントで鈴木選手が急所を突く。

それだけでも充分な脅威ながら、更に、リードしていても、チャンスと見るやCBがセットプレイでもないのに攻撃参加してくるのですから、確かに恐るべき相手に違いありません。

そして、それだけに、不確定な部分がJEFにとっては不安要素足り得ます。

前節帯同が無かった三平選手の復帰なるのか、同様に、山岸選手は?


逆に、JEFとすると3枚でキックオフに臨むのか、4枚でスタートするのか。

後藤、伊佐、という勁さ速さに長けた両選手への対策だけでも岡野選手をメンバー入りさせるのか、また、どこかに勝負所を措いて、思い切って為田選手、清武選手をベンチに座らせるか。


ただ、これは個人的な興味であって、結果そのものとはちょっと違う次元の話になってしまう気もしています。


対戦は上位に位置する相手のホーム。

それでも、向き合って、より克たなければならないのはJEFである事実に変わりはありません。


どこまで、自分達を諦めないか、信じられるか。


何の根拠もある訳ではなく。


私は、この対戦を、そういう試合であると捉えています。

さて、諸事情どころか体調面からもDAZN観戦が確定している管理人。

出来得る限り、今シーズンのカレンダーを延ばしたいと強く祈ります。


現地に赴かれる皆様、よろしくお願いいたします。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する