犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 先発起用の難しさ[J2第38節:福岡戦@レベスタ]

こんばんは

千葉、PKセーブの直後に決勝点。二度のPK失敗の福岡は痛い敗戦(J公式)
激闘を制し、3連勝!

劇的な勝利を収めた一戦ではありましたが、スタメンにウェリントン選手の名前を確認した段階で、試合終盤に於いての勝ち負けの可能性は低くなったと、比較的好感触に管理人は受け止めていました。

ギリギリの戦いの中で、終盤に解っていても押し切られてしまうよりは、解っていながらフルタイムお付き合いをする方が、精神的にも体力的にも楽だろうと踏んでいたからです。

結果論にはなってしまいますが、出場停止のジウシーニョ選手の代わりとして、ここまでスタメンを務める機会が少なくなったウェリントン選手を起用せざるを得なかった点が勝敗を左右した一戦であったと言えるでしょう。

逆に、JEFとすると、キレキレであった為田選手が出場できない事は予め織り込み済みであった筈ですし、ここに来て漸く、トップ下+2CHという船山選手を活かせる容を見出した訳ですから、順位的にも役割的にも、この一戦という事だけを考えたならば、ネガティブな要素からすると、福岡さんにより多くのマイナスがあったのではないでしょうか?

また、お互いに負傷交代を強いられたヴェテラン選手にしても、欠く事の出来ない三門選手への不安よりは、これまでも幾度と無く負傷交代や不在を経験してきた真希選手の方が、チームに与えるショックの大きさという面からすると、前者の方が重かった様に感じます。


とはいえ、別に管理人は勝者となったJEFを「時の運」と腐したい訳ではありません。

2度のPKをはじめとする再三のピンチを跳ねのけながら、ここぞというチャンスをを逃さずにモノにしたチームの変貌ぶりには目を見張るばかりです。

これが、ほんのついこの間まで、つまらないミスからの簡単な失点で敗戦を繰り返し、勝利を逃してきたチームであれば、尚の事。

[千葉]PKを巡って描かれたコントラスト。その裏にあった、GK佐藤優也とウェリントンの知られざる物語(BLOGOLA)

試合後、優也選手はじめ、JEFの選手達の振舞いが採り上げられましたね。

失敗を乗り越えられた者だけが、次への挑戦を許される。管理人はそう捉えました。

さて、福岡戦の結果に浮かれるのはここまで。


3連勝を果たしてなお、勝ち点と順位が示す様に、我々のシーズン終了は、常に次の試合と背中合わせである状況に変わりはありません。

より先を臨むなら、次節、間違いなく今シーズンを通じ、最も力を伸ばしているであろう難敵から勝利を掴む必要があります。

それは、相手の意気込みからすると、今節よりも難易度の高い挑戦かも知れません。


そう考えている管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する