犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 終電逃さず[J2第36節:岡山戦@フクアリ]

おはようございます

セットプレーから逆転成功。千葉が3試合ぶりの勝利を収める(J公式)
「落ち着き」がもたらした3得点快勝。

開始直後は、悪い意味で「どっちもどっち」な試合の入りだったように感じます。

リスクを冒さず、かといって精度に欠ける試合の入り。

岡山さんは蹴るだけと言っていい面がありましたし、JEFとすると、結局のところ為田選手頼みの様な展開でした。

しかし、その蹴るだけのボールに対して、競り負け、がら空きのサイドを突かれると、赤嶺選手に決められてあっさりと先制点を献上。


JEFもそこから、漸く目を覚ましたような印象でした。

また、前を活かすというよりは、前節の失敗を引き摺っていた様に、消極的な選択ばかりだった乾選手が、果敢に突破を試みると、その突破から生まれたCKの二次攻撃を近藤選手が頭で合わせ、1-1で前半終了。

さらに後半には、逆サイドのCKを乾選手がしっかりと合わせ、逆転に成功。

その後も責め立てるJEFは、ラリベイ選手がペナルティエリアで倒されるも、ノーファウルの判定。そこは踏ん張って欲しかったとスタンドで悔しがっていた刹那、今度はペナルティエリア外から目の覚めるようなミドルシュートがバーを叩きながらゴールイン。

無論、アウトに掛ったシュートは見事でしたが、この判断は、左サイドで為田選手が相手の気を引いた事が大きなポイントだったのではないでしょうか。

その後、大久保選手を船山選手に代えて守備に重きを置き、清武選手を下げて壱晟選手を投入。

ベンチに下がった二人のアタッカーはゴールこそありませんでしたが、也真人選手不在の中、タスクをこなそうと頑張っていた様に見受けられました。

最後は脚を攣らせたラリベイ選手が退かせ、指宿選手を送り込んで試合終了。

終わってみれば、気分のいい逆転勝利ではありましたが、序盤の出来や、守備に重きを置きながらピンチを招くなど、快勝というまででは無かった様に思います。


逆に言えば、前節を見る限り、嫌らしさを感じなかった岡山さんの攻守に合わせてしまったという事でしょうか?

特に、セットプレイだけでなく守備時のルーズさなどは、影に日向にチームを支えていた岩政選手の退団の影響を示しているのかもしれません。

いずれにせよ、シーズン終了の生き残りを掛けた対戦に、JEFは勝利しました。

この後も上位クラブとの対戦が続きますが、まだ、緊張感がある試合が続けられることをプラスに捉え、上を向いて欲しいですね。

フクアリに集われた皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する