犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 遠い1点[J2第28節:湘南戦@フクアリ]

こんばんは

無敗のフクアリ陥落。千葉、好機を逃し続けた代償は大きく(J公式)
この悔しさを、次へ。

圧倒的に攻め立てながら、無得点で終わったJEFと、巡ってきた好機を逃さなかった湘南さん。

別の表現をするなら、捨て所と頑張り所が明確であった側が勝者たり得たと言って良いのかも知れません。


とはいえ、幾分か時間を措いたからこその表現であって、首位の湘南さん相手にあれだけの試合が出来たのであるからには、当然、勝ちたいところではありました。

しかしながら、内容と結果が伴わない部分もまた、この競技の一つの魅力ではある訳で、至らなかった部分の悔しさ、難しさを突き詰めていくしかないのだと思います。


ただ、貫くならば、最後、近藤選手を上げず、それまでのやり方を続けた方が、良かったのではないか、という想いは捨てきれません。

運ぶ役割の矢田選手を下げてしまった事で、前線にボールが至らないシーンが増えてしまった様な印象も拭えませんし、その意味では、スクランブルの大作戦にシフトするのではなく、機能しなかった2TOPを活かす方法を考えた方が現実解に近い様な気もします。

為田選手、指宿選手と二つ目までの交代枠の使い方は、連戦の消耗を鑑みて、という背景が強いとは考えますが、最終ラインから近藤選手が移った事で、却って相手のプレッシャーを引き込んでしまった感もあります。

その意味では、10分強の時間ではありますが、ビルドアップやボール回しの際、一つのステップ、半歩の運びでボールを自由に扱える位置に置ける近藤選手の良さを改めて感じさせられました。

船山選手のコメント、想いが伝わってきます。しかし、次の試合は目前に控えている訳ですし、上を望むのであれば、なおのこと俯いている場合ではありません。

ここ最近、その選手紹介に必ず込められるフレーズから、愛着を込めて「成田屋」と勝手に呼ばせていただいておりますが、いつか、「いよっ、成田屋!日本一!」。そう船山選手を称える日を待っている管理人です。


フクアリに集われた皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する