犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 絆の在り方[J2第24節:金沢戦@フクアリ]

こんばんは

開始早々、CKからの展開でラリベイ選手が先制。


相手の9番の捕まえ方に難儀をしていたボムヨン選手でしたが、15minを経過した辺りからは相手のラッシュも落ち着き、乾選手が自分の持ち場を捨ててまで、ロングボールへの競り合いを行うようになると、そこへのフォローの意識もあってか、「比較的」安心して見ていられました。

真希選手の負傷交代こそありましたが、緊急投入の比嘉選手も、悪くない、どころか、船山選手との関係はむしろ良かった様にも思われます。

さらに、前半のAT表示が電光掲示板に示されると同時に、相手の処理の判断の躊躇を突くようにして、也真人選手が追加点をGETして2-0。

欲を言えば、その後のCKのチャンスを決めきって3-0として終えたかったところではありますが、得点に絡んだ乾選手はじめ、前節の敗戦は引き摺っていなかった様に感じました。


スコアや蒸し暑さも影響してか、後半は「ド付き合い」と言う様相を呈しますが、そこは流石にフクアリ。

「ヤバさ」「危うさ」に、スタンドが慣れてきていましたね。

結局は2-0のままタイムアップを迎えました。


ラリベイ選手に代わった指宿選手は相変わらずの存在感でしたし、清武選手の代役として送り込まれた為田選手も、ボールを持てば、さすがというシーンを作りました。


また、あっさりと抜かれたボムヨン選手、プレゼントパスからピンチを招きかけた近藤選手、自作自演のピンチを迎える優也選手。


スコアがどうであれ、全くもって安心して眺める事が出来ないチームですね。

それ故に、常に気が抜けないという緊張感はあるのですが…(苦笑)

試合後、也真人選手が、お立ち台の上で、「一人でも多くの同士が欲しい。共に戦ってくれ!」という旨のコメントを残しました。

それはとても、ホームを2-0で終えた勝者の言葉ではありません。


夏休み期間という事もあり、誰もがそれに応えられる訳では無い事を、也真人選手自身も解っているはずです。

それでも、それを請うた10番の心境は如何ばかりであったか。


残念ながら、私はチームの、也真人選手の願いに応えること能わず。

それ故にこそ、勝ってくれ!そう願う管理人です。


フクアリに集った皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する