犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 攻守の存在感[J2第22節:讃岐戦@フクアリ]

こんばんは

前回は期せずして相手選手を採り上げる事となりましたので、今回はJEFの選手について。


1得点、2得点、3得点と、この所、試合を重ねる毎に得点を積み上げているラリベイ選手。

シーズン途中での加入となった指宿選手に押し出されるように、ベンチスタートが増えていった訳ですが、代役、というよりはそもそも期待されていたゴールでの結果を示し始めました。


ただ、得点もそうなのですが、この選手の持ち味は守備での位置取りがもっと評価されて良いとも感じます。

この部分に関しては、獲得の際、どこまで期待していたのかは解りませんが、蹴れる選手へのコースを切る、という仕事が見事だと思いました。


大分戦では、その動きが多く、途中交代となってしまいましたが、数的不利を強いられた讃岐戦では、得点もさることながら、後ろを助ける動きが白眉だった様に見受けられます。


その働きに連動し、清武選手や也真人選手がチェイスすることで、相手の選択肢を狭める事に愚直に貢献していた姿が印象的でした。


勿論、無理なシュートを試みた結果、カウンターを防ぐために馬場選手を抱え込んで止めて警告を受ける、というシーンもあった訳ですが、このレベルの事が監督の当たり前だとするならば、清武選手にしろ船山選手にしろ、まだまだ、化ける可能性はあるのではないかと感じました。(むしろ、指導陣がそこを落とし込めていない(或いは出来て当たり前だと思っている)という可能性は未だに否定できませんが…)


今の段階では、その先での一対一はじめ、同数での鬩ぎ合いが当たり前ですから、楽観は出来ません。


ただ、いざとなれば、ラリベイ・指宿のチェックに始まり、熊谷含めた中央が競り、拾ったボールは也真人・壱晟が前に対して牙を剥く。

ツインタワーの一人はデコイでしっかり仕事する。


鎬を削る様な試合で、そんなシーンが観られたら、とは考えてしまいますね。

ちゃんと戻って守備をするから真面目。しないなら不真面目。


そんなレベルの話では無く、自分のミスは警告を受けても取り返す、その上でタスクはしっかりこなす。

そういう点を鑑みると、ラリベイ選手はやはり欠く事が出来ない助っ人であると受けとめている管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する