犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 吹けども吹かれども[J2第22節:讃岐戦@フクアリ]

こんばんは

試合終盤の見事な逆転劇。千葉が激しい打ち合いを制し、連勝を『3』に伸ばす(J公式)
劇的勝利で3連勝!

基本、JEFが好きというだけで続けてる幣ブログですが、今節は余りにも濃すぎたというか、振り返らないと整理出来ない事が多かったので、切り口を変えて、触れてみたいと思います。

そこまで大袈裟な話でもありませんが、前回の大分さんとの対戦が前後半という時系列の「編年体」とするなら、今回はテーマ毎の「紀伝体」といったところでしょうか?


さて、讃岐戦に関しては「誤審」や「疑惑」という言葉ばかりが独り歩きしてしまっている感がありますので、個人的な考えを、一度まとめておきたいかな、と。


大まかに分けるなら、ミスジャッジには、「あった事を確認できなかった」というものと、「無いものを在ったものとしてしまう」という二つがあるのではないかと考えています。

この試合の先制点に関しては、前者。

あった事を認められない限り、判定は下されない訳で、それ故に大きな大会では色々なテクノロジーの導入が為されていたり、検討されたりしているのでしょう。

管理人自身が、現地ではオフサイドと断定できませんでしたから、こういう言い方をするのも申し訳ないのですが、此処に関しては単純に「審判団のスキル不足」と捉えて良いのではないでしょうか?

ゴール判定含め、こういう事案は毎試合起こり得ますし、この試合の中でも、判定の是非は措いて、優也選手が大久保選手にすごい剣幕でセルフジャッジを詰っていましたね。


他方、ハンドのPKに関しては、後者。これは、「誤審」と言っていいでしょう。

これは、JEFサポの視点からすると、アウェイ徳島の柿谷選手のPK判定や味スタでの杉本選手に対しての渡邊選手のファウルなどがあった様に記憶しています。

得点に絡むシーンだけでこれだけ直ぐに想い起せる訳ですから、ミスジャッジなどあって欲しくは無いけれど、常にあり得る事であるという事を認める事なんだろうなぁ、と。

そこを詰る為には、JFAでなく、リーグが全ての審判を、「原則」「雇用」する必要があるのではないかと。


確かに、今節の対戦に関しては、試合を通じてファウルの基準が不安定であったことは事実ですし、ストレスを感じていたのは讃岐さんばかりでは無かったのではないかとも感じています。

試合終盤、プレイに全く関係ないところで乾選手を踏みつけた木島選手の行為は、一発レッドでおかしくない筈ですし、この辺りは、試合後の裁定があっても不思議ではありません。


また、普段の清水選手を存じ上げませんから、中々蹴らないというプレイスキックが普段通りの事なのか、アウェイ仕様なのか、この試合に限っての事なのか解りかねますが、この姿勢に対し、フクアリのスタンドは、明らかに「遅延」「抗議」という意図があるのではないかと感じた方は多かったのではないでしょうか?


そして、ここからが本題。


ここまで、戦績が例年よりも劣っており、この試合でも見られたような、つまらない失点が少なくない今シーズンのJEFですが、それでも管理人がチームを「好意的」、というか「前向き」に捉えているのは、異議抗議、遅延での警告が明らかに少なくなっているから。


上手く行かない理由を、ジャッジに転嫁しないだけで、それなりに前向きになれているんですよね。


だからこそ、フクアリに集われたJEFサポーターは、言い訳の出来ない大久保選手の退場を受けた段階で、「ピッチでこの後戦う選手」を推す事を決めたのでは無いでしょうか?

さて、劇的な勝利を得た一戦ではありましたが、私がこの試合、最も存在感を感じたのは、讃岐さんの馬場選手。

「何処に居ようが馬場は馬場」と、会話の中で試合後に確認したほどの嫌らしさ怖さでした。

結果は結果(馬場選手公式)

確かに、お互いに後味が良くない一戦となってしまった対戦であることは否めませんが、その姿勢に敬意を示し、馬場選手に奮闘のエールを送りたいと感じた管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する