犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 意地[J2第21節:大分戦@フクアリ]

こんばんは

強さ見せつけた千葉が、リーグ戦今季初の連勝を飾る(J公式)
なすすべなく完敗。チームコンセプトのさらなる徹底とクオリティー向上を(大分さん公式)

4得点快勝!

山根選手の退団挨拶を終えた後、近藤選手のセレモニーが控えていたとはいえ、慌ただしい選手入場。

コール二回でアメグレにシフトというのは、管理人が知る限りでは最短だったのではないでしょうか?


さて、そのようなギリギリのタイムスケジュールを経て、試合はコイントスを取ったJEFがいつも通りのエンドを選択。大分さんのキックオフで始まります。

些かの蹴り合いと様子見が続いた後、5minを終える頃には、攻守が明確(というよりはハーフコートゲーム)になります。

フォーメーションがどうであれ、相手の中盤の底を抑える事が肝要と感じていた管理人ですから、極端な事を言えば、彬選手がパスを出して受ける回数が増えれば増える程、楽に戦えると想定していました。(お付き合いが長いと、やはり長所短所も解りますから…)

その意味で言うと、指宿選手の怪我が影響したとはいえ、「切る」「詰める」という事が当たり前にできるラリベイ選手の起用も活きていたと感じます。

ただ、押し込みながらも得点に繋がらなかった訳ですし、立て続けに行われる清武選手のロングスローやミドルシュートなど、ちょっと、「入れ込み過ぎ」の様に感じなかった訳ではありません。

結果的に清武選手の個人技からの零れを船山選手が詰めて先制を果たしますが、布石は、也真人選手がラリベイ選手にスペースを突かせ、そこからの一連の流れで生まれた先制点ですから、JEFとすると、最高の流れでした。

アタッカー4人が関わって、「成田の漢」が詰めて決める。

アイドルは、美しいプレイで魅せられるけれど、JEFのヒーローは頑張れる事決める事が何よりも大事。


なぁ~~りぃ~たのおとこぉ~~♪


千葉という田舎、半島で生まれたり、育ったリした人間にしか通じないチャントですが、それだけに、もしかすると清武選手が直接決めるよりも我々の心に火をつけたのではないでしょうか?

ただ、スタッツを見れば、それだけ押し込みながらも、リードは1得点のみですから、緊張して前半を終え、後半に臨んだ管理人でした。


初の試みですが、後半は改めます。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する