犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • ザルかね?合戦[J2第20節:岐阜戦@長良川]

こんばんは

両チーム合わせて10ゴールの打ち合いはアウェイの千葉に軍配(J公式)
敵地で6得点!

アウェイの地で先制を許すも、大量点を奪っての逆転勝ち、と浮かれる訳にもいかない6得点と4失点。

元来、それぞれに強みはある選手達ですし、やれる事が出来るなら、得点に関しては喜び以上の驚きはありません。


特に、前半の終了間際の失点を経ての得点に関しては漸く、一振りに対する覚悟が生まれてきたかと期待を抱きました。

それを確信させるかのように後半開始直後から3得点を重ねた訳ですから、そこで終われていたならば、という事に尽きます。


あたかも、最終ラインの近藤選手を休ませるような采配以降での2失点は、1点を得たとはいえ、試合そのものの興味を最後まで繋ぎ止めてしまいました。


シーズンも半ばに至りますから、この辺りで触れておきますが、最後の精度や選択に関しても同様に、監督が「当たり前」と思っている事がピッチでは「当たり前ではない」というギャップにはそろそろ気が付いて欲しいかと思います。


もう少し丁寧な表現をするならば、監督が考える「常識」が、選手達にとっては「未知」なのではないかという事です。


その辺り、落とし込めないのか、気付いていないのか、という部分が気になっていて、個人的には、後者なのではないかと。


もう少し身近な表現をするならば、その「存在」を知らない相手に対し、「公式」が身についている前提で、指導を行っているのではないかという疑問でしょうか。

インタビューの割り切りからして、相手のザルは竹製であると思われます。

一方で此方のザルは…?という疑問が、材質、選定、網目、と色々あがって来る事が悩ましい管理人です。


スタンドに集われた皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する