犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 逆転勝利[J2第16節:愛媛戦@フクアリ]

こんばんは

これまた、もう前の話ではありますが、愛媛戦について。

シュートシーンを二度三度、GKによって防がれていましたから、先制点を奪われる事だけは避けたい雰囲気でしたが、GKから始まった、流れるような美しいカウンターに失点を喫したJEF。

ピッチ上の劣勢がスタンドに伝播したのか、スタンドの雰囲気がピッチを重苦しくしたのかは解りませんが、そこから暫くは、愛媛さんのペースでした。

逆に言えば、この時間で傷口が広がらなかったからこそ、その後の展開が生まれたとも言えるでしょう。


相手陣内での右サイドの攻防に勇人選手が参加した事により、清武選手がフリーでボールを持つと、反転してあげたボール。

指宿選手は触れませんでしたが、これを巣の裏の乾選手が頭で流し込んでの同点弾。

出場機会を渇望していた若手選手の初ゴールは、どんよりとしていたフクアリの雰囲気を一気に吹き飛ばします。


その後、也真人選手の落としにダイレクトで真希選手が合わせ、同点から10分も経たないうちに逆転に成功。

更には、清武選手のミドルのリバウンドをしっかりと詰めていた也真人選手が流し込み、前半を3-1で終えます。


この試合の課題は後半開始からの良い時間帯でのシュートチャンスのロスト。

そのまま進んでいいところでパスを出して呼吸が合わなかったり、出したパスが流れて、ラインを割ってしまったり。


気持ちよくプレイしている事は観て取れましたが、それだけに、危うさも感じました。

仮に、こういった失策を犯している時間帯で失点を喫していたら、試合はどう転んでいたか解らなかった様にも思います。


流石に、CKから近藤選手がバックヘッド気味に合わせた4点目が生まれてからは、見ている側にも余裕が生まれましたが、乾選手の交代は兎も角として、怪我での交代となった也真人選手、更には競り合いからの落下で負傷交代を強いられた近藤選手と、得点者が次々とピッチを退くと、「混乱」だけが残ったような状況に。

是非は兎も角として、スコアとして劣勢であった愛媛さんが、60minまでに3枚の交代カードを切ってくれていた事が、結果的には幸いしたのかも知れません。


4-2でのタイムアップと言えど、判断ミスから1失点を喫してしまった訳ですから、勝利は喜べども、まだまだ、個々の選手に依存している面は大きいとも感じた試合でした。

個人的には、熊谷選手が也真人選手に代わって投入された事をどのように捉えるべきか、が重要だと思いますが、アクシデントを受けての交代であった事を勘案すれば、アンカー起用の可能性はまだあるのか、が、やはり気になります。

確かに、途中出場にしては運動量やプレッシングなど、物足りなく感じた部分が無いとは言えませんが、少なくとも、従来のポジションで起用されるよりは、持ち味を示していた様に感じた管理人です。


フクアリに集われた皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する