犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 雨降って、後[J2第13節:長崎戦@フクアリ]

こんばんは

千葉の攻撃陣が爆発。清武功暉はハットトリック達成(J公式)
5得点完勝!

得点については前回触れましたので、今回はそれ以外のところについて。


今シーズン初先発を果たした岡野選手。

脚を攣らせての途中交代は残念ではありましたが、それでも、持ち味は示せていたのではないでしょうか?

前半、セットプレイからの流れでカウンターになりかけたピンチを猛ダッシュからのスライディングで防いだシーンは、彼ならではのクリアだった様に感じました。

また、ラインぎりぎりを狙うハイボールへの対応に於いても、スッと相手選手とゴールの間に入って競り合うなど、持ち味のスピードと強さを見せてくれました。

チャンスのヘッダーが枠を捉えなかったり、フルタイムの出場がならなかった点、更には前を選択せずにピンチとなりかけたシーンなどが課題として残りますが、今後の対応に期待したいと思います。


アタッカーとしては無得点ながら、清武選手のハットトリックに全て絡んだ指宿選手も存在感を示しました。

上背ばかりが注目されてしまいがちですが、当てる預かるだけでなく、突破という表現にはそぐわないものの、ボールを持ってゴールに向える強みを示していました。

実際、清武選手の流れの中での2得点は、指宿選手自身が中を窺う姿勢を示していたからこそ生まれたものですし、FKを得たシーンも、上手く相手を交して侵入を試みたからこそのファウルであったと思います。

守備面に於いても、前線でのチェックだけでなく、状況に応じて時には最終ライン付近での守備に入ったり、セットプレイでもしっかりと役割を果たしていましたし、やる事をしっかりとやっていた印象です。

無論、大久保選手から送られたボールをふかしてしまったりと、シュートそのものが得点に繋がる事はありませんでしたが、体の大きさを活かしつつも、足許の技術や視野、判断などにより大きな期待を抱かせてくれました。

当然ながら、それでも逃したチャンスはありましたし、事なきを得たピンチも多かった。

その点からすると、この試合に関しては結果をはじめ、諸々が上手く嵌ったという側面は否定できませんが、大量得点、無失点という結果が、それまでの課題の気付きになって欲しいと願う管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する