犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 天の時、地の利、人の技[J2第13節:長崎戦@フクアリ]

こんばんは

どん底とまでは言えないにしても、相当状況が悪い中で好調の長崎さんを迎える訳ですから、楽観視していた人は殆ど居なかったのでは無かったのでしょうか?

それが、終わってみれば5-0の大勝で終わるのですから、つくづく、この競技の不思議さを考えさせられます。


長崎さんは、相当にJEF対策をされていたようで、それが、却って裏目に出る結果となってしまったのかも知れません。


そのゲームプランが崩れた最大の理由は、雨具なしでコンコースを歩けない程に降りしきった雨により、JEFのラインがいつもほどには高くなかった事。

また、JEFがコイントスでエンドを取れた事。

加えて、開始早々のセットプレイから船山選手がゴールを挙げ、JEFが先制できた事。


どれか一つが欠けても、長崎さんはどこかで本来の戦い方を取り戻していた様に感じます。

実際、前半、想い通りの展開に持ち込めたJEFではありますが、前半の内に追加点を奪えない事で、後半に対する不安危惧を感じていた方も多かったのではないでしょうか?


その雰囲気を打ち払ったのは、後半早々の、清武選手と指宿選手の華麗なワンツーから生まれた追加点。

真希選手の後方からのフィードを清武選手がヒールで浮かしたボールは、ぴたりと指宿選手の頭に合わせただけでなく、そこからの走り込みで、前に落とされたボールを再びをショートバウンド気味にダイレクトシュート。

ワンツーと呼ぶにはあまりに華麗な、それだけに相手の戦意を削ぐような素晴らしいゴールで2-0。


そこからは、もう圧巻の清武主演、指宿助演と言わんばかりのゴールショーが続きます。


指宿選手の突破から生まれたセットプレイのキッカーは船山選手にも譲らない清武選手。


直接叩き込まれたFKはいつ以来?という素晴らしい弾道が、三度ゴールネットを揺らすと、試合の趨勢はほぼ決定的に。

更に、相手のミスからのターンオーバーを経て、右サイドから中を窺う指宿選手が相手を引きつけ、逆サイドで完全フリーの清武選手へグラウンダーのパス。


これを難なく沈めてあれよあれよのハットトリック。(…試合後、ケンペス選手以来のハットトリックという紹介には、やはり、複雑な思いがありました)


最後は敵陣での相手のサイドチェンジのボールを奪った船山選手が一人で持ち込んでのドリブルシュート。自身この日2点目のゴールを挙げます。(試合展開や得点状況からすれば、その大袈裟なガッツポーズ姿に笑みがこぼれてしまいましたが、成田の漢の意思表示と捉えておきます)

こうなると、スタンドはもちろん、ピッチ上の選手達も指宿選手のゴールをお膳立てしようとしますが、残念ながら、それはならずに5-0で試合は終わりました。


初スタメンの岡野選手が脚を攣り、代わりに投入された乾選手がピッチに姿を表したり、久々のスタメンのアランダ選手に加えて、勇人選手がフルタイムの出場を果たしたりと、フクアリは、盆と正月が一緒くたになったようなお祭り騒ぎ。


ワンタッチあればゴールを割られていたようなシーンが多々ありましたから、得点差程には「万全」と言えない試合展開ではありましたが、まるで試合前~試合後の空模様の様に、フクアリの雰囲気は一変して明るいものとなっていました。

そしてそれこそが、今のJEFには最も必要だったのではないかと感じる管理人です。

生憎の空模様に運動会シーズンという事もあってか、スタンドは6,230人と些か寂しい数字であった事が残念ではあります。


それだけに、フクアリに集った皆さん。おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する