犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 違ったのは結果のみ[J2第10節:徳島戦@フクアリ]

こんばんは

後味が悪い勝利、という積りはありませんが、不満は少なくありません。

話題をさらった馬渡選手の退場については後ほど触れるとして、先制点は徳島さんが負傷者の治療でピッチから離れ、都合9人の相手から奪ったもの。

明らかに混乱している相手に対し、その後、試合を通じて効果的な攻撃が繰り出せなかった事は明らかで、厳しさが掛けていた点は否めません。


指宿選手の個人技を活かした加入後初得点で、結果こそ2-0として試合を終える事が出来ましたが、欲しかった追加点が実質的なラストプレイであった事を考えれば、相手の奮闘を称えこそすれ、惨敗からの立て直しを為したとは言えないでしょう。

特に、シュートシーンでのマーカーの対応は中を切れない前節からの改善は為されていない様に見受けられましたし、そのピンチを生むシーンにしても、安易なボールロストに加え、前に出て、挟みに行ってその裏を突かれる、というシーンが多かった訳で、敢えてピンチを創り出しているようにすら感じました。


そういう観点で眺めると、個々の選手に対してどうしても厳しい捉え方になってしまうのですが、気持ちよくボールを持てるからか、余計なワンタッチ、ツータッチでチャンスの芽を自ら摘んでいた清武選手などは、余裕がある中でのトラップミスを取り返そうと相手と接触しての負傷交代。

交代枠が残っていたからこそ、この試合の流れではクローズアップされることはありませんでしたが、状況が状況であれば、わざわざ貰ったアドバンテージを捨てる暴挙と言われても仕方のない選択だったと感じます。

事実、先制に繋がるアシストの持ち出しも、似たような相手との競り合いの中でこぼれたボールの方向がラッキーな部分はありましたし、やりたい事とやれる事の判断に対しては、かなり甘さが残る様に思われます。


也真人選手にしても、頭部への接触を厭わないプレイをかなりの頻度で繰り返していましたから、逆に言えば、それだけ現状にチームに精神的な余裕が無い、という事なのかも知れません。

但し、厳しい判断と、賢い選択というのは当然異なりますし、それ以前の部分に関しても、シーズンの1/4を消化しようとかというカレンダー消化に入りつつある現在でも、未だに整理が為されていない様に思われます。

諸々のトラブル云々については、ひとまず、次回以降にしたいと思いますが、この勝利が、何かしらの変化をチームに齎すのか、あるいは連戦の中の一息でしかないのか。

その辺りが気になった管理人です。


フクアリに集われた皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する