犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 数字[J2第8節:山口戦@維新公園]

こんばんは

終了間際にPKで決着。千葉が5試合ぶりの白星をつかむ(J公式)
第8節 レノファ山口FC vs. ジェフユナイテッド千葉(山口さん公式)
敵地で5試合ぶり白星!

スタッツからすれば、スコアは物足りないと映りますが、実際には薄氷の勝利だったのではないでしょうか。

ヒーローインタビューが優也選手だったことが顕すように、前半最初の大ピンチを腕一本で防いだセーブや、裏へのボールの対応での度重なる接触など、一つ対応が異なれば、結果はもとより、展開も全く異なった試合となった事でしょう。

その後、前後半を通じて圧倒的に相手陣内で試合を進めたJEFでしたが、事実、先制点を奪うまでの数分間は、かなり危うい様に映りました。


PKとなったシーンにしても、そこに走り込むだけのエリアを突いて故の事であり、試合を通じてその様なシーンは多くは無かった様に感じます。


それ故に、勝利が大事であった、という監督コメントが生まれるのでしょう。


さて、問題のシーンですが、大きくクローズアップされてしまったのは「当たっていない」という解説コメントだったのではないでしょうか。

確かに、前選手の脚は壱晟選手に全く掛かっていませんでしたが、笛はその後の左腕が根拠だった様に見受けられます。


では、そのシーン、倒れる程の接触だったのか、掴んでいたのか、触れただけなのか、そこはリプレイでは判断できません。

ただ、何度見返しても、弾かれての(フリをする)なら壱晟選手が倒れた方向はおかしいですし、実際に彼はスライディングそのものを躱していた事も事実であり、自身の右側へのベクトルが無ければあの方向への倒れ方は無いと思います。

その結果、離れた位置に居ながらも笛を吹き、毅然としていた主審の態度からは、そこに干渉があったと判断しての事だとは感じましたし、(…嫌な言い方ですが)上手いことやったとも、レフェリーが騙されたとも感じませんでした。


その点に於いて、何故笛だったのか、主審は脚を主眼としていなかったのではないかという事に勘案されない放送席の姿勢は残念に思っています。


PKはラリベイ選手がきっちりと決め、試合は1-0での勝利。


形はどうあれ、来日初ゴールというプレッシャーから解放されたラリベイ選手の活躍に期待したいと思います。

『散々泣かされてきた「笛」に助けられた勝利』という形で結果を受け止めている方がかなり多い事に管理人は些か驚いています。


例年、手のファウルは厳しく取る、としているJリーグですが、今シーズンに関しては、逆にボディコンタクトに対し、かなりの接触が許容されているように感じていました。

あのシーンにしても、ボールから離れていても、レフェリーは位置取りとすると真後ろから見ていた様に思われますし、見えないものは吹かない原則からすると、少なくとも見えたものがあったからこその笛だったのではないかと考える管理人です。


とまれ、維新公園に集われた皆さま、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する