犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 刷り込みの程度[J2第7節:群馬戦@フクアリ]

こんばんは

対照的な前後半の内容。千葉は髙橋壱晟が初得点も勝点3に届かず(J公式)
追い上げ及ばず、ドロー決着。


お株を奪われたようなハイプレスにたじたじとなり、最もやってはいけないエリアでの簡単なボールロストからの失点。

ここまで、今シーズンのJEFを語る上での代名詞である「ハイライン・ハイプレス」ですが、まるでお株を奪われたような群馬さんの戦い方に、為す術もないまま先制点を献上した印象です。

起用された選手達が攻守に於いての対応をトレーニングで意識していたなら、少なくとも、まともに相手のプレスを最終ラインで受けて立つような対応にはならないと思われます。

その意味で考えると、監督の構想が奈辺にあるにしても、現状では積極的に状況判断が伴う戦い方が出来なかった前半でした。


後半、真希選手に代えて也真人選手を投入し、フォーメンションを変更して以降は見違えるような戦いの変化からして、好意的に表現をしたとしても、まだまだ、監督の求める形に当て嵌めてるだけで精一杯、というところなのでしょう。


その也真人選手は受けて動いて指示して味方もボールも動かしてと、八面六臂の仕事ぶりでしたが、呼吸が合わなかったり踏ん張りがきかなかったりと、如何せん負傷明けであるイメージは否めなかった様に感じました。

それでも、北爪選手へ出したボールから壱晟選手のプロ初ゴールは生まれましたし、是非は兎も角として「欠く事の出来ないピース」であることは十分に示してくれました。


一方、初ゴールの壱晟選手に関しては、ゴールに対する積極的な意欲は見せたものの、簡単なボールロストや、シュートブロックに妨げられるシーンも散見され、ドローに終わった結果からも、諸手を挙げての評価というには至らなかったのではないでしょうか。
(無論、このところのJEFというクラブを鑑みれば、高卒ルーキーが当たり前にフル出場しているという事実だけで、驚きである訳ですが)


また、終盤、羽生選手投入後のロングボール主体の展開は、前半の戦い方同様に首を傾げるものでしたし、監督の狙いとピッチ上の選手の戦い方にはまだ大きな開きがある様に感じました。

結局、試合は1-1のドローに終わり、群馬さんに2017シーズン初となる勝ち点を献上。


期待通りの結果が出ない、という点に関しては、確かに残念ではありますが、恐らく、理想と現実の溝に頭を悩ませているのは誰よりも監督なのではないでしょうか?

こういう表現が正しいかどうかは解りませんが、その振舞いからすると、就任前に選手達は九九を諳んじられる前提で指導に臨んでみたら、二の段、五の段位しかマスターしていなかった、という状況に近い様な気がします。


無論、そこでフロントや監督に匙を投げられては、クラブとしても指導者としてもその先が無い訳で、実践出来るか否か以前に、落とし込めるかどうか、が焦眉となっていると感じた管理人です。

悶々とした中、管理人は「これだ」という表現にたどり着きませんでした。

結局、ディテールを捨て、此処に至ってしまいましたが、やはり、歯切れの悪い更新であることは否めません。

それでも、全く振り返らないという事も出来ずに、今を迎えてしまいました。


フクアリに集われた皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する