犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • お湿りも躓きもズッ友[J2第6節:京都戦@フクアリ]

こんばんは

連敗中の両者、どちらにとっても悔いが残るドロー劇(J公式)
ポジティブな勝点1

前回も触れましたが、大幅に入れ替わったポジションとメンバー。

そこで幸先良く先制できたのですから、もっと腰を据えて2点目を望んで良かった様に思いましたが、試行というよりは錯誤を続けての同点弾。


その後、展開以前に気持ちが後ろ向きになった様な戦い方を強いられましたが、スコアは1-1のまま前半終了。


仕切り直しとばかりに後半をラッシュで始めたJEFですが、CKのキッカー、清武選手が湿ったピッチに脚を取られると、京都さんもまたゴール前での切り返しで転倒。

散水は誰のためなのかというシーンでお互いにチャンスを潰します。


それでも、追加点は京都さん。

60min、ポストでの落としを力みなく振り抜いたミドルシュートがJEFのゴールネットを揺します。


即座にベンチは若狭選手を下げ、船山選手を投入。フォーメーションは4バックへと移行。


それ以降のJEFは確かにボールは回せるようになりましたが、これはシステムの変更の効果というよりは京都さんの守り方拠るところが大きいでしょう。

その後、JEFは真希選手に代えてサリーナス選手を投入、更に、脚を攣らせた比嘉選手を下げて羽生選手を前に、サリーナス選手を比嘉選手が務めていたSBへとスライド。


しかし、全体的には状況が変わらず、というよりは、むしろ、京都さんの勝利への圧力が強まり、時間の経過と共に敗色が濃厚に。


終盤、85minのCK前に監督がキャプテンに行った指示が、この試合の結果を左右する事となりました。

不発に終わったCKの後、京都さんは常にワンチャンスを狙っていたアタッカーを下げて、中盤の選手を投入。

対するJEFは近藤選手を前線へ張り付かせます。


中継では会場の音声トラブルが続き、実況籍の音声だけが流れたAT、サリーナス選手からのクロスに近藤選手が合わせて同点弾。

その後はJEFが攻勢を強めますが、お互いに落ち着きがないプレイを続けてのタイムアップとなりました。

ここまでエントリが遅くなった要因は多忙と自身の体調が問題ですが、Twitterなどで、DAZNの中継の評判が芳しくなかった事も事実です。


実際の中継の感想ですが、「まぁ、そんなもんなんでない?」というところでしょうか?

倉敷さんの実況というのはピッチ上での事象を淡々と語りつつ、経験や培ってきた引き出しからエピソードや自身の考えを現していくスタイル。

川勝さんの解説にしても、最後の監督退任以降「いい意味で現場復帰へのしがらみを示さない」、見ていて素直に感じたことを示していてくれたように思います。

言うなれば、茶飲み話、の様なスタイルは、ホーム贔屓や絶叫が続くアウェイゲームの実況より、よほど好意的に捉えました。


まぁ、上手く行っていない事を改めてLiveで示されれば面白くないという心情を否定はできませんが、そういったメディアと付き合っていかねばならないのはチームも我々も同じな訳で。


キャンプ以降、これだけ選手やポジションを入替えながらシーズンの1/7を終えたJEFですから、むしろ「所属選手全員、誰が出ても」というスタンスで最終節を迎えねばならないという覚悟は求められているのでしょう。


兎にも角にも、何かとハイラインばかりが採り上げられるJEFではありますが、その状況での判断力や正確性を求められているのであれば、結果や成果は兎も角、目を見張るシーンは増えるのではないかしらと感じる管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する