犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 眼前の出来事[J2第6節:京都戦@フクアリ]

こんばんは

アランダ選手・サリーナス選手両名をベンチに措くスタメンにも驚きましたが、試合を通じ、ピッチ上での変化を受け容れるのも大変な試合でした。


見事な連携から、幸先良い先制点でしばらくは気持ちよく攻め立てたJEFですが、DFラインのミスから失点を喫すると一気にトーンダウン。

湘南戦の再現の様な逆転弾を叩き込まれるに至っては、3連敗も免れないのかという覚悟が首を擡げ始めました。


その後の京都さんの戦い方は明らかに蓋を閉じるそれでしたから、ボールは持てても、決定機はおろか、前に運べない様な状況を強いられ、選手交代に伴う布陣変更やら何やらで、もはやピッチ上でのポジション確認が必要になった頃、タッチライン際でキャプテンと監督との会話に関しては、広大な裏に関するカバーについてだと思っていました。


それが、前線で2TOPの一角となる大作戦の指示であったとは考えも及びませんでしたし、監督の目論見通りに近藤選手のヘッダーがゴールネットを揺らすなんて信じられませんでした。


それ以上の驚きは、追付いて以降もその戦い方を最後まで続けた事。

形振り構わず、遮二無二勝ちに行くんだという、明確な意思。


結果は追いついてのドローですし、序盤の出来からすれば、勝たねばならない、勿体ない一戦だったでしょう。

少なくとも解った事は、この監督は、どんな奇抜な事をしても、勝ちを目指すんだ、という事。

確かに、監督の現役時代のそのキャリアからすれば、ピッチ上で結果を出さなければ即座に叩かれるポジションで仕事を続けていた訳ですから、その発想は至極当たり前なのかも知れません。


私が好意的に捉えているのは、その選択の良し悪しや好みは兎も角として、「それで負けたらどうしよう」という逡巡が采配からは見えない事なのでしょう。


時間帯により、お互いが勝てた試合であった、と捉えたでしょうし、試合後は両者ともがエールを送って閉じた試合でしたが、試合後の気分は悪くは無かった管理人です。


花冷えのフクアリに集った皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する