犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 笊か篩か節穴か[J2第5節:湘南戦@BMWス]

こんばんは

湘南さんに良い様にやられての敗戦。松本さんに続き、アウェイでの2連敗を喫しました。


それでも、1点差であった時間帯は、まだ選手達から顕わに伝わったモノがありましたが、2点差となってからのピッチ上はまぁ、酷いものでした。

それ以降が湘南さんの最後の精度に助けられていただけに、却って課題は浮き彫りになってしまった様に感じます。


戦い方や戦術など、ディテールについて触れるつもりもない幣ブログですが、明らかになってきた齟齬の部分が気になりました。


也真人選手の欠場が避けられないとはいえ、前節今節のメンバー起用は、些か首を傾げる部分がありました。


それが開幕後の新加入選手によるものなのか、ファウルトラブルやアクシデントによるターンオーバーを見越したものなのかは解りませんが、この段階での若狭・比嘉両名のスタメン起用は、流石にエクスキューズ込みではないのかと疑いました。

事実、失点は共にJEFの左サイドからですし、また、両選手ともに、そのシーンに至った責任が無いとは言えないでしょう。


眼鏡違いなのか眼鏡に適わなかったのか、些か気になったのが、試合後のコメント。

「気持ち」とか「覚悟」という表現、確かに耳障りでは無いのですが、本当にそういう積りなのでしょうか?


(チェスであれば、)『ただ「駒を寄せてみよう」、「チェックを掛けてみよう」では相手は積みません』と言う様なイメージでのコメントでは無かったのか、という点が引っかかりました。

私自身、監督とは直接ご挨拶を交わしたことはありませんし、語彙はじめスペイン語と触れ合っている訳では在りませんが、これが「意図」や「必至」という言葉に置き換わると、かなり受け取り方も変わってくるのではないかと感じました。

別の表現をするなら、『教室からは「二次方程式を教える依頼」を受けたのに、駄菓子屋では「四則計算すらまともにできない」』教え子に驚いているのかもしれませんし、そこを受け容れてくれるのかどうかも定かではないでしょう。


事実、2試合で5失点という為体ですから、これからも簡単な道(路?未知?)となる事は覚悟せねばなりません。


細部の理解や実践以前に、諸方面で、根幹となる言葉の意識合わせが必要なのではないかと感じたのは私だけでしょうか?

対外的に「暈して煙に巻く」のであれば、それはそれで構わないとは思っていますが…、それは少なくともチーム内部で合致しているのか、些か不安を抱いた管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する