犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

チーム始動後の加入という事もあってか、第2節にして、フクアリでフルタイム出場を果たしたラリベイ選手。

出身とその体躯から、もっと我を前面に押し出したプレイスタイルなのかと考えていましたが、実際の姿はボールタッチや局面での選択、更には守備への貢献など、非常にチームプレイを意識していた姿に驚きました。

相手に付く姿やカバーに入る姿勢などは、守備を求められている、というよりも当たり前に行えている印象を抱きます。

躰を活かしたプレイというよりは、しっかりとした視野と足元の技術をしっかりと活かしたプレイに特徴がある選手なのでは無いでしょうか?

むしろ、来日初ゴールが無いにも拘らず、自ら得たPKを同僚の船山選手に譲るところなど、もう少し我を示しても良い様にも感じた位です。


もう一人の新外国人、サリーナス選手は左サイドで攻守に十二分に存在感を示していますし、トリックプレイを多用する今シーズンのセットプレイの中核を担っています。

頑張りすぎて終盤に息切れを起こしてしまう点に関しては、些か頭が痛い部分もありますが、チームとしてこのペースでの戦いを当面続けるのでしょうから、この部分に関しては、彼一人の課題という事でも無いのでしょう。

また、競り合いの際の下半身の勁さなどは、やはりというか、アランダ選手に通ずる物が感じられるのは、私だけでしょうか?

ラリベイ選手同様、未だにゴールはありませんが、右サイドからのボールをファーに待つ姿は既に何度も目にしていますから、こちらも彼だけの責ではなく、一つ前の精度の向上を俟たざるを得ないのでしょう。

監督との直接のコミュニケーションに障害が無い事も大きいのでしょうが、今シーズンの外国籍選手に関しては、ベクトルを合わせる、という部分ではむしろ日本人選手よりもストレスが無いのかも知れません。

彼等の強みをどの様に掛け合わせていくのか。そこが気になる管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する