犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 闘う集団[J2第2節:山形戦@フクアリ]

こんばんは

「信じる道」を示した90分
2017 明治安田生命J2リーグ 第2節 vs.千葉(山形さん公式)
妥当なドロー。互いに狙い通りの展開も、決定力を欠く(J公式)

エンドチェンジで始まった前半は、開始早々のCKから、JEFの攻勢。

些か大袈裟に過ぎるかもしれませんが、躍動、という言葉で表現しても良いのではないでしょうか?

しかし、気持ちよくプレイ出来ていた前半、得点は生まれず。


流石に手を打ってくるだろうと思った後半、自陣でビルドアップの際の也真人選手や壱晟選手を封じられた事で、山形さんにペースを奪われてしまった様に感じました。


そして、西野選手が左サイドの瀬沼選手の突破を外に逃げ切れずに振り切られてしまうと、そこからのクロスで失点。

こういう展開を作られてしまうと、流石に現状ではお手上げのようですね。


JEFは失点直後、壱晟選手に代えて熊谷選手を投入。

すると、60分にはラリベイ選手がペナルティエリア内で倒され、PKを獲得。


そのままラリベイ選手が蹴るのかと思いきや、キッカーは船山選手。

一瞬、スタンドがざわついたような印象がありましたが、ここはしっかりと決め、船山選手は2017シーズン初ゴールをマーク。


その後、お互いに同じ様なタイミングでカードを切り合い、JEFはそれぞれ船山選手から清武選手、也真人選手から勇人選手へと選手交代が為されますが、その後、スコアは動かず、タイムアップ。


特に、二度ほど裏に抜け出されたシーンには肝を冷やしましたが、一度は優也選手がビッグセーブ、もう一度はパスカットで事無きを得ました。

ただ眺めているだけの身ですら、「流石にこのままで大丈夫か」という不安が相当に大きかったのですから、ピッチ上でこの戦い方を実践する選手達の緊張感は生半可なものではないでしょう。

そして、走るための力は気力でしかないのではないかという様な状況でも、最後まで最終ラインを上げ続けた姿こそ、ついこの間まで、見せかけの失敗を恐れ、もがいていたJEFのトップチームの大きな変化だと感じた管理人です。

タイムアップと共に、彼我共に多くの選手達ががっくりとピッチに倒れこんだり座り込んだりする姿は、お互いのスコア以上に戦いが厳しかった事を物語っていたと思います。

その選手達を称える様に、ドロー決着のチームには千葉コール。


フクアリに集われた皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する