犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 良くも悪くも[J2第1節:町田戦@町田市陸]

こんばんは

2017シーズンは白星スタート!
試合レポート(町田さん公式)
千葉が手にした、勝点3と新スタイルへの自信


見知った顔の多い他のポジションは兎も角、周りに使われるどころか、判断や選択を当たり前に強いられる位置でのスタメン起用を果たした壱晟選手のスタメン発表には驚きもありましたが、違和感は感じませんでした。


一方、蓋を開けてみると、並びや顔ぶれ以前に、正直、「ホントにこの戦い方で行くんだなぁ」という感が強かったです。

これを、リーグ開幕戦で真面目にぶつけてくるとは、正直、管理人は考えていませんでした。

それ位、ちばぎんや相模原さんとの対戦は、効果的だとは思えなかった戦い方と布陣だったと捉えていました。



試合はハラハラドキドキという始まりではありましたが、相手がオフサイドの網に掛ったり掛けられたりしてくれた事も幸いして、徐々にJEFペースに。

チャンスは得点に繋げられないまでも、ショートコーナーなど、サインプレイも髄所に見せてくれましたが、得点には繋がらず。


町田さんが盛り返してきたか、という時間帯で生まれた先制点は也真人選手。

ゴールキックからの流れから、サイドチェンジを受けた北爪選手が、外を回った清武選手をデコイにした浮き球を前に送ると、受けた也真人選手が船山選手への相手の対応を見極めて、左脚を振り切った見事なゴールでした。

ただ、チームという意味では、也真人選手の抜け出し迄は兎も角として、ゴールそのものは、也真人選手だからこそ、のシーンだった様に受け止めます。


後半最大の敵は、疲労だと織り込んでいましたが、選手が脚を攣らせた辺りからは、かなり風向きが怪しくなりました。

西野選手に代わってジュヨン選手、更に船山選手に代えてラリベイ選手が投入された辺りからは、完全に防戦一方に。

それでも、清武選手を下げての最後の交代カードが羽生選手だった辺りが、このチームの矜持なのでしょう。


試合終盤は「肝を冷やした」なんてレベルではなく、もう、「一つ取られたら、失点は止められない」、という雰囲気に満ち満ちていましたが、何とかクリーンシートで試合終了。

昨シーズンとはまた違った形で、タイムアップのホイッスルを迎える事になりました。
アウェイでの開幕戦は長かったオフ明けという事もあり、あまり無理をしないような応援にしようと考えていた管理人でしたが、無理でした。

なにせ、「良くも悪くも」ピッチから目が離せません。

相手の何気ないロングボールでも大ピンチに陥る可能性、最終ラインでのボール回しからの相手へのプレゼントパス、中盤でのパスミスなど、気を抜けば、「何が起こった?」というシーンには事欠かないのではないでしょうか?

Jリーグを「興行」だと割り切れれば、むしろJEFのファンやサポーターでない方が、楽しめるスタイル、と言ってもいいのかも知れません。


さて、浪の高い航海となるであろう2017シーズン、それでも野津田に集われた皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する