犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • テイスティング?[第22回ちばぎんカップ@柏]

こんばんは

敗戦も、有意義な“準備”。

失点こそ免れ得てはいましたが、圧倒的に押し込まれた前半。


選手を入替えた後半、戦い方が変わらなかった段階で、敗戦は必然の結果でしょう。

それでも、暫くは躰の張り方の練習かシュート練習かというような有様でしたが、先制点を献上すると、立て続けに2点目を奪われ、勝負としての興味はほぼ削がれてしまった印象です。

選手交代も後半頭からは立て続けに行われていましたし、最終的に枠が無い状況で脚を攣った若狭選手がピッチ外に退いた事を鑑みても、状況に合わせた交代、というよりは、テストの意味合いが強かった様に感じます。


キャンプの延長なのか、実戦の準備なのか、それとも別の狙いがあったのか。

監督のコメントからすると「その何か」が気になるところではありますが、まだ「顕せない」という時期に留めるのが及第点なのではないでしょうか?

その監督自身が布陣に関してはオプションの腹案についても触れていますし、素人目に見ても「勝たなければ先が無い」と言わんばかりの、捨て身の斬り合いを挑み続ける試合をシーズン通じて行う事は無いと考えます。


他方、課題や輝きが選手にフォーカスされるシーンも多く、チームにしろ起用される個々人にしろ、「出来ない事」「棄てる事」に対しての興味が暫くは続くことになりそうです。

ここまで、エスナイデル監督については「情熱」「対人」ばかりが強調されてきた感がありますが、そのための「布石」「準備」「予測」といった要望に応えられる選手を増やすことが出来るのか否か。

無論、この試合だけで判断する事は出来ませんが、この状態で船出をするならば、いきなりの「大時化」に見舞われておかしくないという感想は抱きました。

しかし、実質的に三ヵ月というオフはやはり長いですね。

私自身も久々の参戦となった訳ですが、翌日の身体中の気怠さ、鼻喉の調子は最悪以外の何物でもありませんでした。

休養という表現に申し訳ないほど、何もできないまま無為に翌日を過ごしてしまった管理人です。


スタンドに集われた皆さま、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する