犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

野津田や等々力でお目に掛ったゴジラが、先ほどまで全国を席巻しておりましたが、大晦日、皆様はどのようにお過ごしでしょうか?

去りゆく人達の事をまだ追い切れてはいませんが、年の切り替わりという事もあり、ひとまず、ご挨拶を。


オフの動向からして、嫌な言い方をすれば、失敗を覚悟せざるを得ない年であったと思います。

土曜日にJ1中継を眺めると、どのカードを見ても、2015シーズン、想いを送った選手達がいる、という経験はなかなかできるものでは無く、そういう選手達を活用できなかった人物が依然として指揮を執っているという現実は、頭では理解できても、いや、それだけに心情的には重く圧し掛かりました。


財務状況から負債の整理のために契約の見直しを行った、指導陣に見切りをつけた選手達を繋ぎとめることが出来なかった。

あの主力大量流出を経験した身からすると、そういう割り切りでハッキリと通してしまった方が、逆にクラブとしても楽だったのではないかと思ったほどです。


確かに、ニューイヤーカップにちばぎんの勝利を経て、ホーム開幕は大逆転勝利という大きな歓喜でタイムアップを迎えました。

しかし、そこからの失速は例年よりも早く、引き分け続きで勝ち切れない事実を「無敗」という言葉で飾らざるを得ない事態に。


そして、その結果としてフクアリでの清水戦の屈辱的な逆転負けまで、体制を維持してしまった事が、数字としても早々に昇格を諦めざるを得なくなった大きな要因であった様に感じます。


そのお陰で、という表現も不思議なものですが、来シーズン以降のJEFを支えてくれるであろう若手の姿をピッチで見続ける事が出来た訳で、まさしく、「パンドラの箱の蓋を完全に空けきってしまったような」シーズンであったでしょうか?


個人的にも、2016年ほど観戦にリソースを割かなかったシーズンは久しぶりでした。

開幕とほぼ同時期、治癒に些か時間が必要となる怪我を負ってしまった事もあり、シーズン前半は泊まり込みで遠征に向かう機会は皆無。(入院や手術が必要な程の物では無かったのですが…)

怪我が治癒して以降も、戦績的に「向わねば」という状況で無かった事もあり、怠け心も手伝って、遠征は北関東どまり。

そんな状況で過ごしたシーズン故か、モチベーションの低下はエントリを行う時間と記事、そして探求心に露骨に顕れるもので、全てが幣ブログ開設以降、最低のレベルであった事をお詫びいたします。

そして、そんな幣ブログに、折を見て訪れて下さった皆様には、改めて御礼申し上げます。


皆様の2017年が良い年となりますよう、ささやかながら祈りながら、本年最後のエントリとさせて頂きます。

2016年、お世話になりました。良いお年をお迎えください。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する