犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

契約更新選手のお知らせ

勇人選手に続いての更新発表はアランダ選手。

居ると居ないで大違いでしたから、ポテンシャル以上に、その稼働率から、未だに評価が難しい選手ではある様に感じます。


相手とボールの間に身体を捻じ込む様な見事なボール奪取も、特徴を掴まれてからはアフターとしてファウルを呼び込むことがそれなりにありましたし、そもそも、守備の約束事が殆ど無いにもかかわらず、彼のポジションでサイドを深く抉って、というシーンが散見されていましたから、「誰がカバーするんだっけ?」という戦術面での疑念も大きくなっていた事は事実で。


それだけに、大物助っ人と評して良かったであろう、この選手の持ち味は、「一人だけ」では活かせないとは思っていました。

その観点で言えば、分水嶺となった北九州戦での退場の評価が、未だに私自身出来かねているという事になるのかも知れません。


それ以外のシーンに関しても、特に前目に位置していた際のアタックの仕方が、無謀とまでは言えないものの、チャレンジとリスク、という面では、抜かれたら終わり、ではありましたから、ターンオーバーを狙う大きなアクションを選択する最初の守備が「諸刃の剣ではあったかなぁ」という印象は拭いきれませんでした。


その辺りが、名実共に、続投した少なくとも元監督の眼鏡には叶ったのだろうという想定は出来ますが、結局は画餅に終わってしまった事は否めませんし、シーズン中から噂されていた移籍話が消滅した大半の理由は、彼のクラブが2017シーズンのライバルとなったからでしょう。


南米の強豪国の代表候補ですから、キャリアを含め、ポテンシャルについては今更何かを言う積りもありません。


その辺りを、コミュニケーションの取りやすい(筈の)新監督が、チームという「器」の中で、センタープレイヤーとしての「容」にしていくのかを興味深く見ていきたいと思います。

前での強みを活かすのか、待たせての危機察知能力に期待するのか。

マイボールの際のアランダ選手の位置取りに着目したい管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する