犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

フアン エスナイデル監督の就任内定について
コーチ就任内定のお知らせ
11月28日(月) フアン エスナイデル新監督 就任会見
11月28日(月)フアン エスナイデル新監督 就任会見全文

一報が出て以降、その戦績から疑念の声が大きくなりつつあった中、早々に行われた内定発表と就任会見。

会見のやりとりからすると、現役時代、名を馳せたアタッカーだった事が意外な程、意識付けや言葉の定義を重んじる方の様に見受けられます。


4名の候補者という表現から、少なくとも、新監督の海外からの招聘が首脳陣で共有されていた事実であった事は伺えますし、個人的にも外国人監督の招聘は喜ばしい事だと前向きに捉えて良いのではないかと受け止めています。


一つには、例年監督交代を繰り返しているJEFというクラブに対する評価が、少なくとも日本人指導者にかなり否定的に捉えられている事。

また、良し悪しは兎も角として、言葉の問題から、外野の雑音をある程度は予め遮断出来る事。

更には、指導歴が長くとも、もう、知名度が監督の能力を担保していないと感じられる事。


・・・もっと言えば、スポンサーも前体制の顛末をある程度は解ってあるであろうという事も追い風になったのではないでしょうか。


無論、新監督の青写真が現実のものとなるか、画餅で終わるかは解りません。


それでも、会見の言葉通りに行われたエスナイデル新監督のトレーニング。


この時点で参加出来た選手達は、監督が志向するるスタイルと、自身の特性を照らし合わせる事は出来た訳で、個々の選手にとっても、契約継続の一つの指針足り得たとするならば、それは前向きに考えて良いのではないかと捉えています。

そもそも、例年、監督就任発表が遅かったJEF。


今回の発表、そもそもリーグの設定したカレンダーの恩恵に与る部分が無い訳ではありませんが、プレーオフ不参加という状況からすると、水面下で決定していた監督続投の下に進んだ昨シーズンのオフより、大分マシな暦にだと感じている管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する