犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

「革命」を謳って始まったシーズンでしたが、失敗に終われば「叛乱」として処理されるのが通例。

例年同様、「昇格」という目標を掲げていた訳ですから、プレーオフへの参加すら叶わずに終えた今シーズンは、間違いなく失敗という烙印が押されて然るべきでした。


それでも、閉塞感なくシーズンを終えられたのは、岡野選手、乾選手といった若手の起用と、それに伴う彼等の成長が見られたからでしょう。

そもそもの起用にしてからが、岡野選手は試合中の退場に伴う緊急出場が嚆矢でありましたし、乾選手はポジションを務めるべきベテラン及び中堅の負傷に伴うコンディションへの不安ですから、「台頭」や「抜擢」といった前向きな起用では無かったはずです。

極端な言い方をしてしまえば、編成と調整の不具合が生んだ結果ですし、逆の見方をするならば、彼等がチャンスをを掴み取るだけの準備を怠らなかった、とも言えるのかも知れません。


何より、二人の積極的な起用を後押ししたのは、昇格が現実的な目標では無くなったという状況があってこそ。


その観点からすれば、遅きに失したとしか思えなかった関塚監督から長谷部代行への交代劇も、「継続」という面からみると、意味があった様に感じられるのは不思議なものです。


その意味で、「革命」が前体制の否定であるならば、一定の成果はあったのかも知れません。


ご挨拶

熊谷市長を挙げるまでもなく、闊達にスピーチを行えるというのは、挨拶をする立場の人間の一つの能力だと思います。

「順位」を「品質」と言い切ってしまう社長の姿勢に一抹の不安は抱きますが、漸く、このクラブも手段と目的を履違えない覚悟を持ったのではないかという期待は抱きました。


無論、穏やかに聞き入れたのは、既に述べた若手の成長だけでなく、体制初年度、という勘案があるでしょう。

不安も捨てず、これからもお付合いして行こうと考える管理人です。

長谷部茂利監督代行の契約更新のお知らせ


GMの数少ない様に思われる人脈からしても、リーグの規定には存在しえない「代行」という肩書を負わせたという事からも、クラブ側から切るという事はさすがに無いだろうとは考えていました。

それでも、ホーム最終節の挨拶から、ミッション失敗の責を示す、として、クラブに残る選択を棄ててしまうのでは無いかという不安はありました。

火中の栗どころか、一蓮托生、という覚悟でJEFというクラブで仕事を続けて下さるシゲさんの判断には、ただただ、感謝しかありません。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する