犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 糧[J2第41節:札幌戦@フクアリ]

こんばんは

劇的な敗戦ではありましたが、その遠因はここ数年の宿痾、奪えない追加点ではないでしょうか。

逆に言えば、それだけは開幕戦に期待できたわけで、スクラップアンドビルドを断行した時期にこそ、疑問が残されたシーズンを象徴するような試合でした。


内村選手がワンチャンスをモノにした姿勢に対し、その直前に放たれたエウトン選手のロングシュートは「入ればいいや」という消極性が伺われます。左サイドを必死に駆け上がろうとした也真人選手は、その弾道を、どう捉えたのでしょう。

一方で、自分が得点を挙げる事に取りつかれたように、自分の外側の味方を使わずにゴール方向ばかりを目指していた遥也選手の姿も気になりました。


他方、2失点を喫したとはいえ、乾選手、岡野選手にとっては得るものが多かった一戦ではないでしょうか?

相手の戦い方もあり、都倉選手とのマッチアップに専念できたという面は、足りない面や通用する点を把握する一助となったでしょうし、決勝点に関しては、ああいう状況で狙ってくる怖さを感じた事でしょう。

岡野選手に関しては、勲章とは言えませんが、初警告まででた訳で、来シーズン以降の、切磋琢磨に期待したいところです。


競技内容としては良かったけれども、勝負には敗れた。


それが、明らかになっただけでもこの試合の意味はあった様に思います。

危惧された試合後のセレモニーは混乱どころかブーイングもなく、社長、代行、主将の挨拶、選手、スタッフの場内一周も穏やかな雰囲気で行われました。

この辺りに関しては、いずれ、改めて触れると思いますので、今回、私の想いは省きます。


そして、私としても今シーズンの参戦も終了。

原因は個人に帰するとはいえ、昨シーズンに比べると、眺めているシーズンであった事は否めませんが、そういうシーズンがある事も、致し方が無いと割り切ります。


フクアリに集われた皆様、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する