犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • これから[J2第38節:長崎戦@フクアリ]

こんばんは

いくら可能性が云々といえ、既に決まっていた敗戦が確かなものとなった引き分け。

何よりもスタメンがその事を物語っていました。私は、代行の勇気に感謝したいと思います。


乾・岡野という若手の起用ありき故、指示を期待して起用されたであろう岡本選手。同じ理由で、チームに背中を示した勇人選手。

拙いながらも、自分の後ろに構えるSBに指示を出しながら、アタックとカバーを続けた遥也選手。


unbuild and scrap を続けてきたJEFというクラブ。求心力という面に於いて、最後に頼らざるを得なかったのが、いち早く再生を目指した下部組織上がりの選手達であったという姿に、喜ばしさを感じる反面、これ以上の皮肉は無いとも受け止めました。


緊張から解き放たれた乾選手の躍動する姿には期待を抱きましたし、雰囲気に慣れてきた岡野選手のポカも目に付くようになりました。


山本選手のアクシデントが無ければ、もう少し、兄貴分と弟達の姿を眺める事が出来たのに、という想いは捨てきれませんが、それもまた、今シーズンの星周りなのでしょう。


そのアクシデントで途中出場したのが船山選手であった様に、今節、スタメン起用された選手達はトライアルの意味合いが強かった様に感じます。


そして、相手の長崎さんにも感じた事ではありますが、「やはり、この順位で足掻いているチーム状況だけの事はある」とは思えるほど散見された凡ミス。


それだけに、一人のサッカー好きとしてならば、何の面白みもない対戦だったのかも知れませんが、一人のJEFのサポーターとしては、それだけで充分に楽しめる試合でした。


試合後に拍手を送られた皆さんも、これからの彼らに期するものがあればこそ、数字上、僅かに残っていた可能性がゼロになっても選手達を称えたのでしょう。

この試合の前に郵送されてきた配布物の不備や、試合翌日には挙がったメディア報道など、心安からぬ事も続きますが、それもまたこのクラブ故の事と割り切っています。


ある面に於いて、明確な結果は出てしまいましたが、これからもクラブは歩まなければなりません。

そして、クラブが歩む以上、此方が歩みを止める事もありません。


フクアリに集った皆さん、お疲れ様でした。

これからの楽しみ、共に抱いていきましょう。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する