犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 力量[J2第37節:徳島戦@鳴門大塚]

こんばんは

見どころはプレビュー通り、二名の若手だった訳ですが、一人はまだまだ、もう一人はポテンシャルを示した、と言えるような敗戦であったような印象です。


そこは兎も角、交代の際の様子からすれば、突然のアクシデントというよりは、不安を抱えていたような印象が強いですが、前半の内にピッチを退いた也真人選手の状態が気になります。


はっきりと言えば、監督交代以降、整えるための時間以上に、布陣が伴わなかったと表現すればよいのでしょうか?


まぁ、失点を喫した時点で、得点力という点からすれば、敗戦も致し方ない、というか、必然なのですが、改善の兆しが見られた守備面での脆さというか、淡泊さが気になります。


まぁ、ここから先は、選手スタッフ含め、来期以降へのバトルロワイヤル、という側面が強くなってくるでしょうから、その中で、代行がどの様な手綱さばきを見せるのか、個々の選手が強みをどういう形で示すのか、が気になるところです。

中継の実況は「奇跡のプレーオフ進出」という表現が多用されていましたが、管理人は、全くそこを意識していませんでした。

逆に、その可能性があるにせよ、無いにせよ、もう、これからの飯のタネを示す事でしか、チームに関わる人間の評価は為されないであろうと考えていました。


確かに、今後の契約は兎も角として、一定の基準があった試合ではあった様に感じます。

ただ、欲を言えば、チームにもう少し早く割り切って欲しかった様にも思いますが、代行として現場を預かる立場上、そこまで割り切った采配が出来ないという側面も理解はできます。


その意味でいえば、フロントに求めるのは、切る、続ける、残す、それぞれの明確な根拠でしかありません。


鳴門大塚に集われた皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する