犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 覆水[J2第35節:京都戦@フクアリ]

こんばんは

開始早々に敵陣まで切れ込んでの長澤選手のシュートに喜んだのも束の間。開始2分での先制点献上。

その後は攻お互いが守にわたって歪さを露呈しながら試合は進みますが、つまらないミスから失点を重ねたJEF。

恐らく、サポーター誰もが僅かな可能性への望みを託した一戦は0-3の大敗で終わりました。


群馬戦での対応の拙さから、メンバーを変更したことが、却ってピッチ上に混乱を招き、その状況を打破できないままに、決して好調とは言えなかった京都さんに対して、自滅と言っていい様な敗戦だったと思います。

特に、ジュヨン選手、アランダ選手の出来は酷かったですね。


また、前節不在だったエウトン選手が復帰するも、今節は也真人選手が欠場。

その代役をサイドに配した長澤選手に期待せざるを得なかった訳ですが、これまで同様に、サイドでの輝きを示すことは出来ませんでした。

後半から、長澤選手を中央に戻すも、アランダ選手の出来が出来だっただけに、ハーフタイムの交代カードの選択も、良くなかった様に感じます。

今となってみると、あの内容では五十歩百歩だったのかも知れませんが、最終ラインのチョイスとして富澤選手を残した方が、まだ可能性はというか、可用性は高かったのではないでしょうか?


また、也真人選手の不在が、何よりも痛い試合でした。

圧倒的な運動量の中、攻撃のタクトだけでなく、スペースのケアに相手へのチェックを一人でこなしつつ、得点まで狙えるまでに成長したエースを欠いたチームには、正直、何も残っていなかったのではないでしょうか。


そんなピッチを眺めながら、時間の経過と共に、諸々の終わりをただ待つしかないというのは、中々にできない経験であった様に思います。


むしろ、何もなかった試合だけに、試合後の騒ぎの方が印象には残ります。

2016 J2リーグ 第35節 京都サンガF.C.戦における観戦ルール違反者への処分について

試合中の投げ込みについては全く気づきませんでしたので、なぜ中断していたのかを、後で知りました。


そして、試合後の騒動については、皆さんとあまり変わりありません。

あの岡本選手が激昂した事には驚きがありましたし、それを助けようとした近藤選手については、千葉と柏で培われた、お互いのの絆を感じた位でしょうか。

あとは、岡本選手を取っ摑まえて、強引に下がらせた串野コーチの迫力が健在であった事。


バックスタンド側から自然発生的に起った団体への「帰れ!」コール、選手達への、千葉コール。

諸々の負の感情を興奮状態でぶつけ合ったところで、建設的な話し合いにはならないでしょうし、却ってそれぞれの立場で遺恨を残しただけになってしまった事が何よりも残念です。


また、軽重は措くとしても、違反者への罰則が公表されたことについては、前向きに捉えたいと思います。

スクラップアンドビルドの姿勢で臨んだ今シーズン。

大一番の結果を受け、再びスクラップが始まってしまったのか否かは後日明らかになるのでしょう。


フクアリに集われた皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する