犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 苦渋[J2第32節:山口戦@フクアリ]

こんばんは

メンバーに菅嶋選手の名が無い事で、苦しい戦いになる事は覚悟しましたし、事実、そのような一戦でした。

代わりに右サイドを務める事になった北爪選手の能力に疑問符がある訳ではありませんが、その良さを活かすというよりは、長所を以って、菅嶋選手の不在を補う、という意味合いが強く感じられました。

実際、試合そのものも、攻守の切り替えが早い、というよりは、相手を抑えられないが故、攻める事で活路を見出しているような印象が強かった様に感じましたし、特に前半は山口さんのペースに乗ってしまった様な印象すらありました。


山口さんが頭から選手交代で臨んだ後半も大きく状況は変わらず。

優也キャプテンのセーブや比嘉選手のクリアなど、試合を通じて相手にに危ういシーンを作られていた事も否定は出来ませんが、それでも、先制したのはJEF。


スルーパスと呼ぶには些か厳しいものがあった富澤選手の送り出した右サイドへのボールに必死の走りで追いついた長澤選手。

そのまま中央へのマイナスの折り返しに、エウトン選手が綺麗に合わせた一連の流れは見事でした。


しかし、この時既にピッチサイドで準備していた遥也選手との交代でピッチを退いたのは北爪選手。

私はてっきり、相手GKとの接触以降、明らかに足を気にしていた船山選手を下げるものだと思い込んでいましたから、この交代にははっきりと違和感を感じました。


そして、遥也選手の投入が、結果的に勝ち点2を失った原因でしょう。


北爪選手のポジションにそのまま入った遥也選手。リードしているという状況もあり、無論、守備への意識は高かったと思われます。

しかし、相手に当たる事も、縦のパスコースを切る事も無く、ただ、相手に合わせてズルズルとポジションを下げる事に終始していた印象でした。

当然、最終ラインまで攻め込まれることはもとより、枠こそ外れるものの、シュートを受ける回数も増加。

さすがにベンチの対応も早かったのですが、ここで送り込まれたのが大久保選手。

ならば若狭選手をピッチ内で動かすのかとも考えましたが、若狭選手を含めた5バック(3バック?)へとシステムは変更。

形振り構わずに守り切るというのであれば、このタイミングで右サイドに小池選手を送り込み、船山選手のポジションに遥也選手を移した方が、まだ、可能性はあった様にも思われますが、それは結果論かも知れません。

ただ、入ってくる相手を捕まえられず、相手の精度に助けられる、というシーンは最後まで続きましたから、やはりこの交代も効果的ではありませんでした。

守備では存在感を示せなかった遥也選手が、カウンターでのチャンスをモノにするなり、最後に投入された阿道選手のボールキープが最後まで活きたのであれば、評価もまた変わってはくるのでしょうが、現実には92minに失点し、スコアはそのまま動かずにタイムアップ。


お互いに痛み分けとなったドローではありますが、内容を措くのであれば、展開としては非常に残念な結果に終わりました。


内容からすると、派手さは無いものの、ここまでの戦績を支えた菅嶋選手不在の影響が大きく感じられた一戦。

メンバーも固定されつつあった状況ですから、最初の難関は累積警告による出場停止のカバーになるのではないかと考えていた管理人ですが、現実はそれよりも厳しかったという事になります。

失った勝ち点2をいつまでも嘆いている訳にはいきませんが、右サイドの手当てが必要な時期に、相変わらず精彩を欠く遥也選手と不安は尽きない管理人です。

それでも前を向いて進まなければならない状況ではありますから、気を取り直して次の戦いに臨みたいと思います。

唯一の救いは、リーグ当面の目標である京都さんとの勝ち点差を1縮められた事。(・・・7位以下のチームについて触れるなんて野暮な事は、今はやめておきましょう)


フクアリに集われた皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する