犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 完勝[J2第31節:岐阜戦@長良川]

こんばんは

試合の入りは悪くなかったのですが、一人、テンポが異なるというか窮屈にボールを受けていた富澤選手が後ろ向きでボールを奪われた辺りで不穏な雰囲気を感じなかった訳ではありません。

ただ、ハンドの判定だったとはいえ、也真人選手の飛び出しは素晴らしかったですし、それ以降も試合はJEFのペースで進められていたと感じます。

しかし、ボールの主導権はさておき、スコアは0-0で後半の折り返し。

後半に入ってJEFの攻勢は衰えるどころか益々強まりますが、再三送るクロスは相手にとっても想定していた状況だったのか、岐阜さんに跳ね返し続けられます。

さすがに、もう一工夫必要なのではないかと思い始めたのか、比嘉選手に代えて阿部選手が投入されましたが、その左サイドでは無く、中央から状況が変わりました。

始まりは優也キャプテンのゴールキックをエウトン選手が落とし。ボールを得た長澤選手がそのまま中央を持ち上がる事で、相手のDFが中央に。

そこですかさず、左サイドに叩いたボールを受けたのは也真人選手。走り込んできた勢いそのままに、放たれたシュートがゴールネットを揺らします。


アウェイでのリードを得たJEFは、丹羽選手を北爪選手に、更には殊勲の也真人選手から阿道選手への交代で、よりカウンターを意識することに。


この選択が、結果的には2点目に繋がりました。

菅島選手が繋いだボールを相手ペナルティエリアで受けた阿道選手は、迷わず長澤選手へとボールを送ります。

長澤選手のシュートはバーを叩き、絶好の追加点のチャンスを逸したかに思われましたが、リバウンドを拾ったエウトン選手が、しっかりと2点目を挙げました。

このシーン、得点機を逸したものの、リバウンド以降を意識して、得点を逃した後の長澤選手が寝ころんだまま全く動かなかった判断も素晴らしかったと思われます。


ともあれ、2点差のリードを得たJEFはヒヤリとするミスがありながらも、そのままタイムアップ。アウェイながら見事に勝ち点3を奪いました。


残り15minを切ってからの先制の是非はさておき、新体制移行、焦れず、焦らず、待つ事が良い様に作用している様には感じます。

岐阜さんがあれだけ中を固めていた事もあるのでしょうが、安易に前線の枚数を増やしたところで、決定機の数は増えなかったでしょうし、却ってカウンターリスクが増加していたかもしれません。


さて、クロスからの得点を狙うような試合ながら、得点に絡んだのはSBでは無く、中盤の長澤選手。

フラットな中盤の中央を務める選手に対して、どうしても「ボランチ」という表現が用いられますが、長澤選手のそれはセントラルという方がしっくりくるように感じます。というより、少なくとも、チームの舵取りを任されているようには見受けられません。

この試合では中盤の相方に富澤選手が配されていた事も大きかったのかも知れませんが、長澤選手の果敢な持ち上がり得点力を補う大きな武器であった事は事実でしょう。

その意味で、負傷同様、恐らくは避け得ないであろう出場停止が気に掛る管理人です。

長良川に集われた皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する