犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 再構築[J2第30節:岡山戦@フクアリ]

おはようございます

エウトン選手が落したボールを船山選手が流し、也真人選手が蹴り込んだ先制点。攻撃とは枚数掛ける事では無いというような中央の崩し。

他方、守備面では熊本戦の大敗があるとはいえ、スタメンを眺めれば、愛媛戦、北九州戦からして、そこまで大崩れはしないだろうと思われましたが、ここまでの完勝を収めるとも想像していませんでした。


奇を衒った訳でなく、誰かに大きな負担を強いる事もなく、攻守ともに距離感とサポートを意識した位置取り、兎に角、詰まったら直近の前を向いた選手に預ける、という姿勢が伺われました。

むしろ、「それだけで、こんなにもチームは落ち着くのか」という驚きの方が大きかったです。


本来であれば、前半で勝負がついていたような内容ではありましたし、勝利監督インタビューで代行が述べられていた様に、そこが課題ではありますが、このチームが進む方向は間違っていない、という以上に「どこまで行けるのか」に期待を抱きます。


何せ、チームを引き継いだ段階で、少なくとも即戦力となる新戦力の加入は無かったのですから、同じ素材から、ここまで違いを示せるのか、という喜びばかりです。


とはいえ、内外に重圧が無かったこれまでとは異なり、リーグ戦が一時中断し、天皇杯明けに再開されるリーグ戦では、対処、対応、対策やらが練られてくる事は明白。

この勝利をステップとしたうえで、ここまでの結果がフロックでは無い事を示し続けなければならない代行のタスクは決して軽いものでは無いでしょう。

それでもなお、このチームを暫く眺めていたいと感じています。

久し振りに軽い気持ちと足取りで、スタンドを後にした管理人でした。


フクアリに集われた皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する