犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 攻守[J2第28節:北九州戦@本城]

こんにちは

素晴らしいシュートの先制点はラッキーな面が無かった訳ではありませんでしたが、それを放ったのが也真人選手。

シーズン当初から得点への意欲を示していましたが、この辺りの意識の変化も、代行の影響なのか否かは気になります。


しかし、その幸運を相殺するようなアランダ選手の退場。

本人からすれば事故の側面が強いのかも知れませんが、足裏とはいえ、アフターで相手を蹴り上げてしまっては、一発退場も止むを得ないでしょう。

もっといえば、それを選択せざるを得なくなった前のプレイの判断により大きな課題がある様に感じました。


これは厳しい、と感じた管理人が目を見張ったのは、そこからの戦いぶり。

兎に角、前半を耐えて欲しい、と願いながら再会された試合。


吉田選手を右に落とし、アランダ選手のポジションに入ったのは初スタメンの菅嶋選手。

そして、これがバッチリと嵌ります。


北九州さんのシュートを0に抑えた前半を終え、迎えた後半。

圧力を増す相手に押し込まれこそすれ、守備は破綻しませんでした。

特に、左右のSBが同サイドでの対応に絞らずしっかりと相手の対応が出来ていた事はじめ、選手一人一人がタスクとカバーの意識を持って守れていた事が印象的でした。


また、交代策にも驚かされました。

吉田選手と山本選手の交代は納得のそれでしたが、也真人選手に代えてエウトン選手を送り出すという判断には、正直、危惧しか抱きませんでした。

更に、山本選手の投入により、再びサイドにポジションを移した影のヒーロー菅嶋選手に代えて、北爪選手を投入し、試合を締めにかかるJEF。


ここからが括目。

満を持して投入された北爪選手が独り別世界にいる様なボールキープを見せると、そのサポートをするように高めのポジションを取ったエウトン選手が終了間際に追加点。

勝負あり、と言える待望の追加点は相手の気持ちを砕くのに十二分でした。

それでも、主将が時間稼ぎで警告を受けたのは、それでもなお、勝利を信じられないここまでの不安からでしょうか。

しかし、スコアは動かずにタイムアップ。

苦手の下位チーム、相性最悪の北九州、連戦、前半での退場者という四重苦を跳ねのけての勝利。

いくら最下位相手とはいえ、僅か三試合でここまで仕込めるものか、という感動が管理人にはありました。


長谷部代行の勝利を目の当たりにされた、スタンドに集われた皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する