犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 我慢[J2第27節:愛媛戦@フクアリ]

こんばんは

前節からどの様に変えて臨むかが着目点だっただけに、スタメンには驚きというか喜びがありました。

一つには、近藤選手が復帰した事であり、もう一つは、その相棒が若狭選手であった事です。


ここまでフル出場を続けていたジュヨン選手の良さはある程度把握しているつもりですが、CBとしての跳ね返す力は兎も角、それ以外の部分での「粗」が、このところの試合では顕著でした。

結果論かも知れませんが、あれだけ自陣でのボール回しを行う展開となれば、やはり縦パスや足元に不安のあるジュヨン選手を外したことが、無失点という結果に於いては吉と出たのではないでしょうか。


更に、長澤選手が累積警告で出場停止であった事が、SHの選択がよりしやすかったのではないかと感じました。

チーム全体の問題でもありますが、前節の横浜FC戦では彼の役割であろうスペースやカバーが後手になる事で、サイドを自由に使われ過ぎていました。


その右サイドには遥也選手、逆サイドには也真人選手を配し、2TOPには船山選手とアランダ選手。

一見するとオーソドックスな4-4-2の布陣ではありましたが、実際には相手を追う2列目の選手の穴に、2TOPの何れか、主に船山選手がカバーすることで守備の布陣を形成していた様に映りました。

お互いに守備ありきというような試合ではありましたが、JEFは也真人選手、愛媛さんは河原選手が広範囲に動く事で、何とか相手の守備網を掻い潜ろうとする様相。

ゴール前では繋いで繋いで、という姿勢が強い反面、ミドルレンジ含め、兎に角シュートで終わろうという辺りは木山監督のチームでした。

序盤、悪くなかった様に感じたJEFでしたが、也真人選手と遥也選手、左右のSHを入替えた辺りからは完全に愛媛さんのペース。

結果としてJEFは押し込まれ、HT前には失点の雰囲気すら漂いましたが、何とか事なきを得て後半へ。


後半は再び左に也真人選手、右に遥也選手を配して、仕切り直し。

時間の経過と共に攻勢を強めたJEFではありましたが、結果としてはスコアレスドローでのタイムアップとなりました。

チャンスの度にスタジアムを埋め尽くした拍手と声援を活かせずに、得点を奪えなかった事は残念の一言です。

特に、終盤にはボールを拾う事すらままならなかった山本選手の姿などは、今迄の彼に対するイメージをガラリと変えてくれました。

だからこそ、本当に勝たせてあげたかった。

ただ、お互いの選手がタイムアップ後にピッチに崩れ落ちた様に、最後まで頑張ったのは愛媛さんも同様。

スタッツだけで試合が測れるものではありませんが、現状のJEFではドロー以上のものを示せなかったという事なのかも知れません。


それでも、無失点という結果が示すように、あの守り方は今できうる対処の中では効果的なように思えますし、変に手を加えずにチャレンジを継続して欲しいと思います。


他方、復帰したアランダ選手はまだまだ本調子では無い様があからさまに見て取れましたし、好守に精彩を欠く遥也選手の姿は気掛かりです。


それだけに、特効薬などは無いのでしょうし、足元を見つつ、一戦一戦の光明を示して欲しいと感じた管理人です。

フクアリに集われた皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する