犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 町田[J2第23節:町田戦@町田]

こんばんは

システム変更そのものに、さほど期待はしていなかったのですが、早々に良い意味で裏切られた序盤。

長澤選手のフィード、北爪選手の走り、也真人のシュート。

まるで某マンガでいうような「トリプルカウンターアタック」で先制。


そして、抱いた期待もあっさりと裏切られた前半。

まぁ、あれだけ外を自由にしてしまえば、失点を免れる方が難しいでしょう。


尤も、失点そのものよりも、それ以降の失望の方が大きかった訳ですが…。

選手達のコメントは、守備を厚くして、我慢の時間帯、という表現が為されていますが、サイドでも中央でも、守備組織、とは言えないまでも、守備の際の約束事が相変わらず無いというのが正直な所の様に感じました。


後半、アクシデントの富澤選手に代わってアランダ選手が投入されたこと、更には前からアタックする指示があったからその点が晒されなかっただけという考えが杞憂であってほしいと願います。

実際、対応が非常にお粗末だったとはいえ、ここまでの試合であれだけ危うさを散々に見せ付けてくれたジュヨン選手のミス一つから失点に至っている訳で、内実を考えると、守備面に関しての具体的な対策が為されていたとは思えなかった訳ですし。


異なっていたのは、要に頼れる親方が戻った、前線の気迫。

外しても、逃しても、チャンスを狙い続けた也真人選手の逞しさが、同点弾を呼び込みます。


シュートブロックされたボールを再び追い、相手ペナルティエリアでの積極的なチェイスから、再びマイボールに奪い返した也真人選手。

パスの前のチャージに西村主審はファールを認めながらプレイ続行を示していた様に見受けられましたが、そのボールを受けた丹羽選手がきっちりとゴールネットを揺らしての同点弾。


アウェイでのあの蒸し暑さの中、チャレンジからのリトライで大仕事を成し遂げた也真人選手の姿からは、スリッピーなピッチでファウル覚悟のアタックを受けて失点に至ったひ弱さは微塵も感じられませんでした。


更に、そのシーンで傷んだ船山選手に代わって投入された遥也選手が最後のお膳立て。

これまた、試合の最終盤。相手GKへの必死のチェイスであわよくばマイボールにせんとする也真人選手の頑張りを、アランダ選手がしっかりとチャンスに広げ、ボールは左サイドの遥也選手へ。

後ろの阿部選手へと叩きながら、ポジションを取り直した遥也選手に渡されたボールが、その左脚からファーサイドへ送られると、飛び込んだのは、迫力満点の阿道選手。


・・・揺れたゴールネットに飛び上がりながら、見ず知らずの方々と、抱き合い、我を忘れて喜んだのは、いつ以来の事でしょうか。


声の出ない喉で試合後の挨拶に来た選手達を迎える悦びを満喫しつつ、野津田を後にした管理人です。

死闘の末の劇的な再逆転の勝利ではありましたが、それ故に私はまだ次への展望が開けたとは思えません。

中三日。迎え撃つは、百戦錬磨の監督が率いる山形さん。

さぞかし、嫌らしい対策を練って我々を待ち受ける事でしょう。


それでもなお、久しぶりの勝利には酔いしれた管理人です。

スタンドに集われた皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する