犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 最悪の対処[J2第20節:北九州戦@フクアリ]

こんばんは


開始早々に強いられたアクシデントでの選手交代。


正直、その交代で前半劣勢になる事は覚悟していました。

中盤でチャンスの芽を摘める選手を欠いた上に、最終ラインの穴をケアする選手を欠く事になったのですから。


逆に言えば、アップ中に痛んだアランダ選手の代役について、異論はありません。

ただ、開始直後に自ら×を示した選手の代役に関しては、選べる手の中で最悪と断じて良いかと思います。


それは起用された選手そのものでなく、その後の試合展開を全く鑑みない穴埋めでしかなかった、という点に関して。



中央本職の選手をサイドに配していた構成、人一倍のケアで相手の攻撃の芽を摘んでいた選手の不在。


更には、左サイド方面で最終ラインの細かいケアをしてくれた選手の離脱。

中盤の底なり、最終ラインの中央なり、厚くしなければ対応が出来ない人選であった事は解り切っているはずでした。


それ故に、スタメンを決定した段階で、彼等の名が並んだのでしょうし。



だからこそ、手の打ち方が最悪でした。

二の次の選手を代役として送り込んだ結果、最終ラインの連携どころか、GKまで巻き込んだ大混乱がピッチ上で起こっていました。


後半、時間の経過と共に行われた選手交代。


阿道選手を投入しながら、延々と繰り返された中央突破。


いくら擁護したくても、もうできません。


インタビューでサポーターを気遣うコメントを残す監督がピッチではなにも変えられない、という現実。


布陣を堅持するならば最初の一手は遥也選手。兎にも角にも守るなら、若狭選手。


どちらでもない選択は、さぞかし相手を楽にしたことでしょう。

スタンドを納得させてくれとは言いませんが、アクシデントがあったとはいえ、その采配は余りにお粗末。


毎シーズン優勝争いをした中村憲剛という選手の偉大さを改めて感じた管理人です。


フクアリに集われた皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する