犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 回顧と懐古[J2第18節:東京V戦@フクアリ]

おはようございます

フクアリの雰囲気を変えたかったの、コイントスを取った東京Vさんはエンドチェンジを選択。

しかし、その効果も薄く、レジェンドマッチからの勢いそのままに、攻勢のJEF。


早めの先制点を期待しましたが、スコアレスで前半を終えました。結果的にはこの前半での消耗が試合の結果に影響したように感じます。


後半開始から、前半さながらのラッシュで得点を狙うJEF。

右サイド深くに侵入したアランダ選手からのセンタリングに、中央で合わせたのは船山選手。

待望の先制点、待ち望んだ船山選手のゴールに、大いに盛り上がるスタンド。


更に、追加点もJEF。

相手陣内で得たボールを長澤選手が繋ぎ、遥也選手がドリブルシュート。2-0となったフクアリの雰囲気は最高潮に達します。


問題は、ここからの試合運び、という事になるのでしょうが、その予兆はここまでの試合中に何度もあった様に感じます。


前半から足首を気にしていた遥也選手がお役御免で眞紀人選手をピッチに送り込み、更に足が攣ってしまった比嘉選手に代えて大久保を投入。

アクシデントでの二枚の交代はやむを得ないところではありますが、いずれかの選択に、特に後者に於いてサイドが本職の北爪選手をチョイスしなかった事が結果的には失点に繋がった面がある様には感じます。


この試合の振り返りに於いて多用された「良い時間」では、両サイドのSBが相手のサイドからの攻撃に着く事が出来ていましたが、押し込まれるようになってからは、毎試合見られるように、中へ絞ってからの後手の対応を強いられていました。

無論、これは両SBだけの責任でなく、その前に配されるサイドのSHと中盤の底の選手との協業である訳で、その選手達が、明らかにガス欠に陥っていた事は否めません。


それは「良い時間」でも攻守に於いて、中央で味方同士が被るシーンが多かった、つまり、相手よりも運動量で勝っていたが故の優勢であったのではないでしょうか?


流れの変化に関して、監督はこの様なコメントを残していますが、それがアクシデントで下がった選手達への気遣いなのか、本当に理由が解らなかったのかが気になるところです。


但し、交代はそれぞれのポジションでの入れ替えでしかなかった事はほぼ間違いなく、まずは高さ強さに対応するため、中央の守備を厚くしつつサイドのケアを試みるなら、中央をトレス気味にするために若狭選手を投入する、或は、受ける事は已む無しとして、以前に試した山本選手のサイド起用でカウンターに活路を見出す、など「相手の時間」での具体的な打開策では無かったと思います。

結果として、疲弊したチームにとって最後の交代カードは全く効果が無く、一人少ない相手にホームゲームで押し込まれてのタイムアップという為体。

常々感じている事ではありますが、「良い時間」以外に課題があるのではなく、「悪い時間」の対応がベンチで為されていないと改めて浮き彫りになった一戦だと捉えています。


ドローとはいえ、失意の一戦であった訳で、気分的には完全に敗戦モードでフクアリを後にした管理人です。

さて、レジェンドマッチ、素晴らしかったですね。

ピッチ上に姿を見せたレジェンド達にしても、先日まで現役だった慶さんや東美さん、国王のプレイはワクワクしました。

また、彼等にとってJ草創期のメンバーは子供の頃のヒーローと言っておられましたし、二回りは丸くなられたアトランタ戦士のお二人や、相変わらずの立ち方であった日本語堪能なリティに会えた事。

仏WCでの右サイドの突破を彷彿とさせたエースケさんや、アンダーの試合後に駆け付けてくれたエジさん、クッシーの姿も見られましたし、真中さんや後藤さんなど、当時の私にとっては画面越しで追っていた方々のお話が伺えたのも嬉しかったですね。


五井駅で、千葉テレビの実況を終えた八塚さんが、ホームでアシスタントと共に電車待ちしてた当時の姿を思い返しながら、その後の地上波での扱いなど、決して順調なばかりの25年では無かったと、歴史に思いを馳せた管理人です。


フクアリに集われた皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する