犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 割り切り[J2第14節:岐阜戦@フクアリ]

こんばんは

プレビューで書いた通り、という訳ではありませんでしたが、双方落ち着きに掛けるというか、表裏一体のようなゲームとなった岐阜戦。

素早いチェックでボールの出る先を限定、と言えばそうなのですが、チェックに対して岐阜さんが対策を講じなかった事が、前半の2得点に繋がった様に感じます。

最終ラインからサイドに追い込んで、という表現が正しいのか、サイドにしか人が居なかったのか、ならば後者でしたから、相手の中盤の選手が落ちて来るなりすれば、大分様相は異なったのではないかと感じていました。

しかし、時折落ちて来るのが、アタッカーのエヴァンドロ選手。その光景は大分時代にも何度も見せていましたから、それがベンチの指示でなく、自分が触りたいだけ、という事も見て取れました。

逆に言えば、この前半で試合を終える事が出来たにも関わらず、と評さざるを得ないJEFの攻撃という事になるのでしょう。


エンドが換わった後半、ハナからJEFの左サイドを突いて来た岐阜さんに対し、JEFは正直に組み合ってしまいました。

前半、也真人選手、遥也選手が活きていたのは、エウトン選手が納めて渡す、グラウンダーのボールあってこそだったと思いますが、後半に入ると、前線に預けるというボールはほぼ見えず、競り合う、走り合うボールが増加します。

それでも得た大きなチャンスを活かせずにいると、お約束の様に狙われた左サイドから失点。


也真人選手の負傷による若狭選手の投入もあって、守備に重きを置く戦い方にシフト。

こうなれば、遥也選手が退くのも時間の問題と思われましたが、予想通りに北爪選手が送り込まれます。


アクシデントによる交代とはいえ、ここまでの交代は想定通りでしたし、眞紀人選手の投入が残されたカードだと思ってもいました。

そこで退くのがエウトン選手であった事以外は。


結果的に、その眞紀人選手からのボールを長澤選手が頑張って決め、勝負の分水嶺となる次の得点、3点目を奪う事に成功したJEFですが、試合をこれで〆られず。

気が抜けたのか、右に左にと選手をフリーにした挙句、更なる失点。


結局、試合はそのままスコアが動かずにタイムアップとなりましたが、喜び以上に、「なんともはや」、という暗い気持ちが残りました。


エウトン選手がハイボールでの競り合いに完全に勝っていたとは言いませんが、退いて以降、相手の最終ラインでのそれに関しては、ほぼ勝てなかったのではないでしょうか?

要が無ければ、後ろは下がる一方。されど、みっともなくとも守り切る、という戦い方には思えませんでしたから、船山選手を残した狙いがエウトン選手を下げた以上にあったのでしょう。


也真人選手の交代はアクシデント。だから、バイタルでの守備力に期待して若狭選手を投入し、長澤選手を一列上げる。

結果として、細かいパスワークは諦めざるを得ないので、遥也選手も下げ、北爪選手の運動量を活かす。

ここまでは、対処として当たり前だと思います。


それだけに、眞紀人選手の投入は、前半からサイドで走り回った船山選手の更なる頑張りに期待するのでなく、エウトン選手が中央で競り合った後の一発に掛ける、或いは、そこをデコイにして眞紀人選手に裏を突かせる方が攻撃の分があるのではないかと考えていました。

この辺りに関しては、それぞれの考え方もあるのでしょうが、ゲームプランだけでは無く、勝負に於ける相対的な「強み」の活かし方や「弱み」への目の瞑り方が中途半端に感じられた管理人です。


フクアリに集われた皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する