犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 歩み[J2第13節:熊本戦@フクアリ]

こんばんは

心情と分析、どちらから書こうかと迷いましたが、やはり、想いを優先させたいと思います。


震災被害の影響から熊本さんのリーグ再開戦となった13節。

チケットの販売状況から、今シーズン初めて優先入場を果たした管理人が耳にしたのは、フクアリに流れる入場のアンセム。

ほどなく流れ始めたJ's THEME の紹介アナウンスで「ああ、今日はJの誕生日でもあるのか。」という事を思い出しました。

こんな形で誕生日を迎えるなんて、シーズン前には全く想像していませんでしたけれど。


対面のスタンドに集い、コンコースに復帰した「仲間」の姿に「お帰りなさい」という感を抱きながら、ささやかな募金。


久々に入場から試合開始までゆっくりと過ごしながらスタグルを楽しみました。

そして、プレビューでも述べましたが、全国的にクローズアップされる「熊本さんの対戦相手」として、試合に臨むつもりでスタンドに。


それでも、熊本さんの、そして巻選手の紹介アナウンスには惜しみない拍手を送ってしまいましたけれど、黙祷を終えてからは切り替えてホームチームのサポーターとして、キックオフを迎えました。


思っていた通りというか、熊本さんの迫力は物凄かった。

巻選手は「どこが持ち場なのか」というほど、あちこちに顔を出していましたし、清武選手のドリブル突破には何度も肝を冷やされました。

相手陣内に侵入しながら、JEFは決定的なシーンを演出出来ず、時折繰り出される相手のカウンターにはハラハラドキドキ。


前半早い段階でのキャプテンのセーブが無ければ、もしかしたら、試合は全く異なった様相を呈したのかも知れません。


しかし、異様な熱気とは裏腹に、試合そのものはスコアレスドローで折り返し。

遥也選手と船山選手が左右のポジションを入替えて臨んだ後半、先制はJEF。

也真人選手のボール奪取が起点となり、船山選手がミスしたシュートを走り込んだ也真人選手がそのままゲット。


その後、也真人選手が畑選手へのチェックから追加点を奪った事は覚えていますが、この試合の内容について、管理人はあまり記憶が定かではありません。


恐らく、JEFの右サイドでボールを持って駆け上がろうとした、清武選手の走る事が出来なかった姿を見てからだと思います。

「・・・やはり、フルタイム走れる状態ではないんだ」

その姿を見てから、私は単純にJEFを応援することが出来なくなってしまいました。
(後の報道からすると、インフルエンザの影響でもメンバー変更も強いられていたそうですね)

チャンスには期待をし、ピンチには目を覆いたくなる、そういう気持ちが無くなった訳ではありません。

それでも、終盤、ピッチを去る巻選手には多くの方々同様、精一杯の拍手を送りましたし、AT5minが早く終わって欲しい、というのは勝利だけを願った訳でもありませんでした。


試合はフクアリでのJEFの勝利でしたが、正直、こんなに複雑な気分でタイムアップを迎えた事はありません。

結果は無論、望んだ形では無かったでしょうが、今節、熊本さんは、再び歩み始めました。

それは、チームがリーグ戦に復帰した、といった単純なものでなく、極端な表現をするならば、あの勇壮を誇った熊本城の姿を背負って、という意味で。


ご縁があって、管理人は昨シーズン、アウェイの熊本戦に参戦した際、熊本城はじめ、熊本の街を充分に堪能させて頂きました。


その熊本城の今の姿を目にするだけで、現地の被害はいかばかりかと思わざるを得ない訳ですが、やはり、我々が出来る事は物心両面でのサポートでしかなく、現実的には支援物資や支援金、募金という事になるのでしょう。


被災地の皆様に対し、簡単に、がまだせ、頑張れ、と口にすることは出来ません。それでも、まずは歩みだしてと願いますし、歩みを止めないで欲しいと祈るばかりです。


一日も早く、彼のスタンドで応援することが、特別な事でなくなりますように。


フクアリに集われた皆さん、ありがとう。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する