犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • クールビズ、開襟[J2第12節:京都戦@西京極]

こんばんは

最後の同点シーン、不謹慎ながら、私は爆笑してしまいました。

それは、喜びからでは無く、さすが「ズッ友」と呼ばれるだけの事はある、という意味で。


ヴェテラン選手の判断ミスからのコーナーキック。

GKであるキャプテンがラストチャンスに攻撃参加。最終ラインのリーダーが同点弾。

これだけを見れば、最後まで諦めない姿勢を示したと単純に喜べたでしょう。


アタッカーのポジションに配された北爪選手のタスクが恐らくは相手のSB対策であった様に、この試合の焦眉は「守備」であると判断しました。

しかし、その判断を下した指揮官自信が、ゲームプランに耐え切れ無かった様に感じます。


残り時間を鑑みてか、独力での突破を期待しての遥也選手投入。

ここまでは理解できるのですが、狙い通りに得点を奪うことはおろか、結果的には先制点を献上。


最大の理由は、有形無形に最前線で相手の攻撃をケアしつつ、ボールを配給していた也真人選手がピッチを退いたことでしょう。

その後のJEFは明らかに前への推進力以前に、ボールを動かす権利を失いました。


更に、失点後の交代でDFを下げ、アタッカーを投入するのであれば、我慢以上に、得点への覚悟も不足していた交代であったと断じられるでしょう。


換言するならば、つまらない内容が、負け試合へとシフトしていった訳です。


ジャッジそのものについては触れませんが、最後のシーンなど、昨シーズンまでのトップリーグのレギュラーが行う判断では無かった様に思いますし、勝ち点1を頂いた、という表現が過剰であるにせよ、勝ち点1を最後に掴んだ、とまでは言えないと思います。


連休も終わり、ネクタイが不要の時期を迎えましたね。

陽気以上に、戦績から指揮官の首元も涼しくなってきたと感じる管理人です。


西京極に脚を運ばれた皆様、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する