犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 素材の違い[J2第8節:町田戦@フクアリ]

こんばんは

上位を相手に、終了間際に交代選手が同点弾。

それだけを切り取れば、今後に勢いも出てこようものですが、前半早々の失点を取り返すまでに掛けた時間、そして、そこに至るまでの内容を鑑みると、手放しで喜ぶどころか、むしろ、今後に対しての不安ばかりが大きくなります。


そもそも、追いかける展開で後ろの枚数が不足がちになるとはいえ、GKが左右両サイドのタッチラインに飛び出し、一度は致命的なピンチを迎えるなど、まともな戦術あっての事とは思えません。


安定しない戦いを強風に押し付けることが出来たなら、それだけ気分も楽になりますが、上述のようなプレイが多かったのはむしろ風の影響が少なかった後半ですから、「イケイケ」以外の指示や約束事が如何程であったのかは、想像に難くありません。


なるほど、展開からしても確かに阿道選手のシーズン初ゴールは嬉しい限りですが、その喜びも、今後を考えると半減してしまいかねない程の内容であった様に思います。

強風の中、フクアリに集われた皆さん、おめでとう!ありがとう!


阿道選手のゴールの際、へたり込んでしまった町田さんの選手達からすれば、最後の最後でゲームプランを崩された、という想いが捨てきれないのかも知れません。


JEFを応援する身からすれば、それはそれで、確かに嬉しい同点弾ではありました。

他方、しっかりと存在感を示した谷澤選手の姿を確認した私は、「どんな素材を揃えても、結局あの人の手に掛ると出来の悪い掻揚になってしまう」という想いに苛まれました。

また、別の方からは「何を使ってもカレーにしてしまう」というお言葉を伺うに至り、それがあながち特異な見方では無いという結論に。


その意味からすると、この勝利は、今シーズン、かなり複雑な意味を持つ勝利であったのかも知れないと考える管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する