犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 連勝[J2第4節:松本戦@松本]

こんばんは

試合最終盤、抜け出したエウトン選手がシュートにも至れなかったシーンには頭を抱えましたが、相性最悪、鬼門のアルウィンでの初勝利を挙げたJEF。

虎の子の1得点は山本選手。

右サイドに自らパスを出した後、そこから上がったセンタリングのリバウンドを見事にボレーで叩いての加入後初ゴール。

アランダ選手、勇人選手、富澤選手とは異なり、攻撃面を期待されての起用に見事に応えた形になりました。


ここまでの試合を見ていると、ミドルシュートなどはむしろアランダ選手の方が放っている印象ではありますが、それが中々枠を捉えられない点から鑑みても、それ以上に重要なタスクがある事を差し引いても、攻撃面では山本選手への期待が高まります。

とはいえ、山本選手に関しては川崎さんでの加入初年度、当初こそチームの戦い方に馴染めずに苦労していた印象がありましたが、同年は徐々に存在感を示していましたから、これくらいはやってくれて当然、という気もします。

この辺りの連携が深まって来れば、という期待をついつい抱いてしまいます。


とはいえ、手放しで喜べる内容では無かった事もまた事実。

前半のポストに救われたシーンや、カウンターに備えた最終ラインが下がる際、ピッチ中央の工藤選手を完全にフリーとしてしまったシーンなど、人は変われど、昨シーズンに見られた課題がそのまま残っている部分も多いのではないでしょうか?

キャプテンの飛び出しの判断も、安定感に今一つ欠けますし、後半、我武者羅に放たれたシュートがもう少し枠に飛んでいたらと考えると、1点をしっかりと守り切ったとは言えない試合だったように感じます。

特に、試合終盤のパワープレイへの対応に関しては、ベンチワークも疑問が残ります。

遥也選手、エウトン選手と投入するも、遥也選手はそのクロスに対してのケアが全くできていなかった様に思われますし、エウトン選手に至っては、あわやのクリアミスや、ラストチャンスの好機を逸するなど、完全に浮いてしまっていた印象です。

結果として、松本さんのパワープレイは不発に終わりましたが、積極的な攻撃を行わない、という判断がベンチでなされたのであれば、最終ラインに若狭選手、サイドのケアを鑑みるなら北爪選手の投入があって良かったのではないでしょうか?


また、松本さんの戦い方もこれまでとは大分変っていた様に思われます。

良く言えば、スタイルを再構築中、別の表現をするならば、従来の迫力に欠けたと表現すべきでしょうか。


総体的に勝利した事は事実ですが、強みと言えるほどのものを示せたかと問われると、是、とは応えにくい管理人です。

スタンドの一角を埋め尽くした大勢のJEFサポ。Win by All!の掛け声は中継でもしっかりと確認できました。

アルウィンに集った皆さん、おめでとう!ありがとう!

関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する