犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 一閃の有無[J2第3節:横浜FC戦@フクアリ]

こんばんは

冷え込みが厳しかった陽気以上に、内容も「寒い」ものとなってしまった前半。

中央からの縦パスも、サイドからの侵入もしっかりとブロックを形成し、待ち構える相手の網に飛び込んでいくようでした。

攻める姿勢は見せるJEFですが、シュート数は相手が上回ります。


特に気になったのは、左サイドに配されたはずが、勝手気儘にポジションを取る長澤選手。


後ろに位置する阿部選手は、ミスマッチを狙う大久保選手目掛けたハイボールの競り合いに加え、時には1対2を強いられる上、ビルドアップの起点になるなど、八面六臂の仕事ぶりでした。

長澤選手の位置取りもどうかとは思われますが、この辺り、布陣に選手を当て嵌めようとする構想がそもそもおかしいのではないでしょうか?

後半、長澤選手の位置取りを修正するというよりは、周りがそこを務める事で、長澤選手を活かそうとしている様にも感じられたJEF。


それでも、攻勢を強めながらゴールが遠かった訳ですが、多々良選手のクロスに対し、大外で完全にフリーとなっていた船山選手のボレーが炸裂。

加入後の初得点にフクアリが湧きます。


しかし、この試合最大の驚きは、この後の光景。

最終ラインでボール回しをするJEFに対し、アウェイとはいえ、ビハインドの状況でブロックを堅持していた対戦相手には、「負けを許容してしまうのか?」という疑念すら湧きました。


この後もJEFは前にボールを運んで追加点を狙うような素振りを見せるのですが、このまま時間を使うようなプレイを続けていたら、相手の対応がどの様なものだったのか、非常に興味がありましたし、そういうような勝ち方を試みて欲しかったとも思います。


結局のところ、試合は色々と危なっかしいシーンもありながら、1-0での勝利で終わりますが、杞憂は払拭されるどころか、疑念が深まる内容であったことは否めないと思います。


何せ、相手が悪すぎました。

その上、守備、という観点からすると、各選手がスライドしてブロックを堅持する相手の姿に、嵌める事が出来ないホームチームとの違いを示されたようにも感じます。


確かに、どの様に得ても勝ち点3の意味は変わりません。

しかし、下位に位置する相手に対してしっかりと勝ち点3を奪い取った、とも評せないのではないかとも考える管理人です。

中央でこそ活きる長澤選手がハナからオーダーを遂行しなかったのか、そもそも監督が無理なオーダーを課しているのか。

そんな事を考えながら、勝利を喜んだ管理人でした。


フクアリに集った皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する