犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 革命の狼煙[J2第1節:徳島戦@フクアリ]

こんばんは

堅い試合展開は、お互いの布陣以上に開幕戦に因るものであったでしょうか。


それが現せ荒れたかのようにスコアレスで終えた前半。

我慢比べの様相は織り込み済みではありましたが、それでも、ボール運びや剥がし方、敵陣への侵入に関しては相手に一日の長を認めざるを得ませんでしたし、時折、眼前の相手選手に喰い付いては交わされるジュヨン選手の姿には大いに不安を抱かされました。


しかし、後半は一転してJEFの攻勢で始まります。

サイドからのクロスをエウトン選手に集め、シュートシーンを演出しますが、ゴールには至らず。

逆に、そのエウトン選手はシーズン初警告となった自陣でファウルを犯し(警告自体はその前の接触でバランスを崩していただけに、些か厳しいのでは?と感じましたが)、そのリスタートから先制点を許します。

このシーン、GKの佐藤選手が飛び出したにも関わらず、ボールに触れられなかった事が最大の問題でしょう。

リフレクトがあったとはいえ、無人となったゴールに向うボールに対し、抗う術は全くありませんでした。


そして、この失点は、試合以上にスタンドの心中に大きな影を生んだのではないでしょうか?

いくらシーズンが改まったとはとはいえ、指揮官が同じ以上、「2015シーズン、後半に失点を喫して逆転した試合は皆無」という事実は無視できるものでは無かったはずです。

事実、その後暫くは攻め手に掛け、ロングボールを蹴る事が非常に多く、しかもそれがそのまま相手へのプレゼントとなった事が一度や二度ではありませんでした。


それでも、時間の経過と共に相手を惜し込んだJEF。

右サイドの小池選手を長澤選手に代え、その後、相手を漸く抉じ開けたかと思った船山選手のゴールはオフサイドの判定。

更に、まだ本領を示してくれているようには感じられなかったエウトン選手を下げて、吉田選手を投入。

CKから生まれたゴール前での波状攻撃も遥也選手は枠に飛ばせず、タイムアップが近づきます。


試合を諦め、席を立つ方々も出てきたアディショナルタイム、素晴らしいゴールがフクアリを劇場と化しました。

最後の交代カードとして、富澤選手に代わって送り込まれた山本選手。これが昨シーズンに無かったジョーカーでしょうか。


左サイドからの横パスに流れたボールに対して、山本選手が前方へフィードしたピンポイントパスに、フリーの吉田選手がドンピシャのヘッダー。遂に相手ゴールを割る事に成功しました。


待ち望んだ同点弾に現金なもので一気にフクアリのボルテージは最高潮。

「Win By All!Win By All!Win By All!」


ボールをホールドする相沢選手の姿が示す様に、タイムアップ目前にミッションコンプリートを逸した徳島さんは、明らかに気落ちしていました。

この悶着で多々良選手にもイエローカード。しかし、この時間が、更なる歓喜の布石であったと誰が考えた事か。


残り時間での勝利を目指して相手陣内に攻めかかるJEFですが、JEFにオフェンスファウルで、徳島さんのセットプレイ。

福元選手がサイド深くに蹴り込んだボールに、反応する選手が皆無であった事が印象に残っています。


スローインから再び攻撃の牙を剥くJEFですが、中央で跳ね返されたボールに、一時はタイムアップを覚悟しました。

しかし、アランダ選手が猛然と奪い取って送られたボール。


左サイド深くから送られた阿部選手のクロス。

そこで生まれたスクランブルを長澤選手が押し込み、まさかの逆転。

後半4度目のキックオフと共にタイムアップを迎え、JEFが試合を制しました。

戦い方、ボール運びも連携も、拙さや不安を感じさせるものが少なくありませんでした。

開幕からこれでは、今シーズンも不安が山積、と言い切ってしまいたいところではあります。


しかし、昨シーズン貫くことが出来なかった「諦めない」という姿勢、「逆転勝利」という結果、双方を開幕戦で得る事が出来たのは、ある意味、見かけの無失点勝利よりも大きいのではないかと感じます。


こういう試合があるから、辞められない。周りの方々と喜びを分かち合いながら、そう感じた管理人です。

フクアリに集った皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する